メディア個別 袋でもむだけ5分!  野菜不足が解消できるレシピ3選 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
警告、恋愛マンガ中毒!
袋でもむだけ5分!  野菜不足が解消できるレシピ3選

袋でもむだけ5分!  野菜不足が解消できるレシピ3選

キャベツと塩こんぶをもむだけでおいしくなるのは知っている方も多いと思います。今回は、そんな“もむだけでおいしい”野菜レシピを3つ紹介。かぶ・にんじん・ピーマンのレシピを実際に筆者が作って食べ比べレポートしてみます! 普段、サラダにして食べないようなピーマンも、実は塩もみするだけでおいしく食べられちゃうんですよ。

■まずはかぶでチャレンジ!

◆材料(1人前)
かぶ    1/2個
塩     ひとつまみ
かつおぶし 適量
しょうゆ  適量
ラー油   お好みで

<作り方>
1)かぶは、葉を切り落とす。身は皮つきのまま縦4分の1に切り、さらに薄切りにする。

2)ボウルやジップロックに入れ、塩を一振りして5分おく。5分ほどおくと、かぶから水分が出てくるのでかるくしぼって器に盛りつける。

3)お好みで、しょうゆ・かつおぶしなどをかける。

塩もみしただけでも十分おいしいので、時間がないし面倒くさいというときには、もんでそのまま食べてもOK! 

さらにしょうゆやかつおぶしなどをお好みで加えると、おいしさが増します。

「かぶって生で食べられるの⁉」と不安な方もいるかもしれませんが、これがとってもおいしいんです! 味付けがシンプルなので、かぶそのものの風味が感じられますよ。食感も塩もみによって少ししんなりして食べやすくなり、おつけもの感覚でどんどん箸が進みます。

筆者はさらに、ラー油を加えてみました!

ラー油で香りが増し、ピリ辛で、お酒のおつまみにもなりそうです。

■にんじんも塩もみでこんなにおいしく⁉

◆材料(1人前)
にんじん 細い部分で5cm程度
塩    ひとつまみ
ごま油  適量
しょうゆ 適量
ごま   ひとつまみ

<作り方>
1 )にんじんは、ヘタを切り落とし皮をむいて千切りにする。

2)ボウルやジップロックに入れ、塩を一振りして5分おき、器に盛りつける。

3)ごま油・しょうゆをかけ、ごまをふる。

にんじんも、塩もみだけでももちろんおいしいのですが、素材の風味が強いので、ごま油やしょうゆなどで味付けしたほうがベター。ごま油の香りがにんじんの風味とマッチしてとってもおいしいです。シャキシャキとした食感が特徴で、飽きることなく食べられます。

■最後は意外なピーマンに挑戦!

◆材料(1人前)
ピーマン  1個
塩     ひとつまみ
ごま油   適量
しょうゆ  適量
ごま    ひとつまみ

<作り方>
1)ピーマンは、縦半分に切り、ヘタと種をとり、横向きに千切りにする。

2)ボウルやジップロックに入れ、塩を一振りして5分おき、器に盛りつける。

3)ごま油・しょうゆをかけ、ごまをふる。

まず、塩もみだけした状態で食べてみましたが、意外にもクセがなくおいしかったです。ただ、ちょっと物足りなさを感じるので、しょうゆやごま油はかけたほうがオススメです。

ごま油やしょうゆをかけるとおいしさがぐっと増し、ピーマンの苦みはほとんど感じなくなります。ごまをふることでプチプチとした食感がプラスされ、ずっと食べ続けられる一品でした。1個はぺろりと完食できます。

3品並べるとこんな感じ!

普段の食卓にどれか1品を加えるだけで、栄養的にも彩り的にもぐっと良くなりますが、たとえば友達を呼ぶときにこのように3品作って並べると、それだけでおもてなし料理になりますよ。


いかがでしたでしょうか。かぶ・にんじん・ピーマンは、サラダでもたくさん食べることはあまりない食材だと思いますが、塩もみするだけでとっても食べやすくなるんです。筆者はかぶが特においしくいただけました。

塩もみした後の調味料は、オリーブオイル+酢にするとイタリアン、サラダ油+しょうゆで和風にもなります。気分で変えることができるのもいいですね!

普段はあまり自炊をしないという方でも簡単にできるので、野菜不足が気になる方はぜひ試してみて下さい!

(加藤晶子+アリシー編集部)

written by

加藤晶子
加藤晶子
渋谷区在住のワーママライター。夫はミャンマーにいるため4歳の娘のワンオペ育児中。「自分らしい働き方・生き方」に興味をもち、自身も銀行員⇒会社員⇒契約社員⇒NPO団体職員⇒フリーランスと働き方を模索してきた。キャリアコンサルタントとして、悩める女性の相談に日々のっている。
この記事へのご意見はこちら