メディア個別 塩ひとつまみってどれくらい? 今さら聞けない調味料の計り方まとめ! | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
塩ひとつまみってどれくらい? 今さら聞けない調味料の計り方まとめ!

塩ひとつまみってどれくらい? 今さら聞けない調味料の計り方まとめ!

簡単でおいしいレシピをネットで気軽にチェックできる時代。普段あまり自炊しないけれど、気が向いた時にちょっと料理してみようかな、なんて思う方も多いのではないでしょうか。

だけど時々不安になるのが調味料の計り方。塩ひとつまみってどれくらい? にんにく一片ってチューブのにんにくだとどれくらいなの? 今さら誰にも聞けない料理の基本。今回は調味料の計り方を解説しちゃいます。

■小さじ・大さじの計り方

小さじ1は5cc(ml)。塩や砂糖などを計る時には、山盛りにすくってからヘラなどを使って表面をすりきりましょう。

小さじ1の食塩の重さは約5gです。ただし砂糖(上白糖)は3g、グラニュー糖は4g、小麦粉は3gと、計る調味料によって重さが異なります。もしレシピにグラム数で調味料の量が明記されている場合、注意が必要ですね。

大さじの計り方も同様です。大さじ1は小さじ3と同じ量、15ccになります。

大さじ1のグラニュー糖は、コーヒーシュガー(1本3g)に換算すると4〜5本分。一人暮らしであまり料理をしないという方は、コーヒーシュガーを常備しておくのもおすすめですよ。

小さじ1/2や大さじ1/2を計る時は、それぞれすりきって計ったあとで、ヘラやスプーンで半分取り除きましょう。

ちなみに大さじ1/2は、ペットボトルのフタで計るとぴったり同じ量、7.5mlなんです!

液体を計る時は、ぎりぎりまで液体を入れて表面張力で膨らんだ状態がベストです。

液体の小さじ1/2は、計量スプーンの形にもよりますが、底が丸いスプーンの場合には、だいたい2/3くらいの高さまで液体を入れた量になります。計量スプーンの形が四角い場合には、ちょうど半分になるように調整してみて。

■塩ひとつまみってどれくらい?

塩ひとつまみとは「親指、人差し指、中指の3本でつまむくらいの量」です。だいたい小さじ1/5くらいになることが多いので、塩で換算すると1g程度になります。

塩少々とは「親指、人差し指の2本でつまむくらいの量」です。塩ひとつまみよりも少なく、だいたい小さじ1/8程度の量になります。

■1カップってどれくらい?

液体1カップは200mlです。計量カップを真横から見て、200mlになるように調整してください。

お米1合は180mlです。お米を計るカップがない時には計量カップ180mlで代用してくださいね。なお、白米1合を炊飯するとだいたい350gくらいのご飯になりますよ。

■しょうがとにんにくの計り方

しょうがの計り方。しょうが1片は、だいたい親指の第一関節くらいまでと同じ長さで、重さは約15g。チューブのしょうがを使う場合はだいたい大さじ1と同じ量になります。

にんにく一片はにんにくの小房1つ分で、だいたい5gです。チューブのにんにくを使う場合には、だいたい小さじ1と同じ量になります。

ただし、しょうがもにんにくも、生のものとチューブの商品では味も風味も差があるので、お好みに合わせて量を調整してみてくださいね。


意外と知らない調味料の計り方。基礎さえ覚えてしまえば、もうレシピを見るのも怖くない! しっかり覚えて楽しく料理ができたら良いですね♪

(伊東ししゃも+ノオト)