メディア個別 今日は焼肉の日♪お家で楽しむ!「サムギョプサル」パーティー | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
今日は焼肉の日♪お家で楽しむ!「サムギョプサル」パーティー

今日は焼肉の日♪お家で楽しむ!「サムギョプサル」パーティー

 

「サムギョプサル」ってどんなお料理?

本場韓国では、焼肉と言えば牛肉ではなく豚肉なのだとか。その中でも、豚の三枚肉の厚切りをこんがり焼いて、サンチュなどの野菜で包んで食べる「サムギョプサル」は定番中の定番なんだそう。

ここ10年くらいで日本にも専門店が多くできましたが、味が美味しいのはもちろん、野菜がたっぷり食べられるということで女性にも人気です。

サムギョプサルは豚の三枚肉、いわゆるバラ肉を使います。ちなみに、サムギョプサルの「サム」は数字の3、「ギョプ」は層、「サル」は肉の意味。これは三枚肉を使わなきゃいけない料理ということですね!

また、このサムギョプサルは、漬けダレなどで下味をつけることなく焼くのが一般的。焼き上がったら、岩塩やごま油、「サムジャン」という合わせ味噌をつけ、青唐辛子やねぎと一緒にサンチュで包んでいただきます。

今回は、甘辛くてにんにく風味がクセになる「サムジャン」と、味と食感のアクセントになる「紫たまねぎの酢漬け」の作り方も合わせてご紹介します!

 

みんなでワイワイ食べたい!「サムギョプサル」の作り方

サムギョプサルを作る時は、お肉を焼き始める前に付け合せを準備しておくのがおすすめです。今回ご紹介する「紫たまねぎの酢漬け」と「サムジャン」は、少しおいて味をなじませた方がいいので、まずはそちらの作り方からご紹介していきます。

【材料(4人分)】
豚バラ肉(ブロック)…600g
塩…小さじ1
黒こしょう…少々
サンチュ…適量
白髪ねぎ…適量
ラディッシュ…適量
スプラウト…適量
キムチ…適量
<紫たまねぎの酢漬け>
紫たまねぎ…80g
A 酢…大さじ2
A 砂糖…小さじ1
A 塩…小さじ1/4
<サムジャン>
B コチュジャン…大さじ2
B みそ…大さじ2
B 砂糖…小さじ1前後
B 白いりごま…小さじ2
B ごま油…小さじ4~
白ねぎ…10g
にんにく…1片

【作り方】

1.紫たまねぎの酢漬けを作る。
紫たまねぎは繊維に逆らって薄切りし、水にさらして水気をよく絞ります。材料Aを合わせたところに入れて、15分以上漬けたら完成です。冷蔵庫で3~4日ほど日持ちします。

2.サムジャンを作る。
白ねぎとにんにくをみじん切りにし、材料Bと合わせればできあがりです。すぐに食べてもかまいませんが、30分以上おいた方が味がなじんでより美味しくいただけます。残ったらきゅうりなどの野菜やお刺身を和えるのもおすすめ。冷蔵庫で1週間保存可能です。

3.サンチュやラディッシュなどの野菜を洗い食べやすい大きさに切る。白髪ねぎを用意する。

4.ブロックの豚バラ肉を食べやすい大きさに切る。
始めに横に2~3等分にしてから、厚さ1cm弱に切ると食べごたえも残ります。切りにくい場合は、少し冷凍庫に入れてから包丁を入れると切りやすくなります。

5.肉を焼く。
豚バラ肉に塩・黒こしょうをふり、必要であればサラダ油(分量外・少量)をひいてから、フライパンでこんがりと焼く。


お肉が焼けたら、野菜やキムチ、紫たまねぎの酢漬けをお好みでのせ、サムジャンを添えて、サンチュで包んで自由に召し上がってくださいね。

今回包んだ野菜のほかにも、大葉・レタス・トマト・きゅうり・千切りした人参などもおすすめです。また、えごまの葉が手に入れば、韓国料理らしくなるのでぜひ試してみてください。

●このレシピをお気に入り保存する
『パーティーしたくなる!サムギョプサル』



みんなで自由に包んで食べるサムギョプサル。「これも入れると美味しいよ」、「今度はあれを入れてみようか」なんて会話も弾みそうですね。

タレと付け合わせを先に並べておいて、みんなでホットプレートを囲んでお肉を焼きながら食べるのも楽しいですよ。また、スキレットで焼いてそのままテーブルに出せば熱々のままいただけるのでおすすめです。

おうちで焼肉パーティーをする時は、ぜひサムギョプサルを登場させてみてくださいね!



●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
これなら子どももOK!マイルドチーズタッカルビ
暑い日におすすめ!スタミナ満点の「韓国風ファヒータ」を作ってみよう!

 

このコラムを書いたNadia Artist
 
料理家、ビアテイスター 神田依理子
https://oceans-nadia.com/user/13780