メディア個別 そのまま食べるだけじゃもったいない! ご飯にもなるマシュマロレシピ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
そのまま食べるだけじゃもったいない! ご飯にもなるマシュマロレシピ

そのまま食べるだけじゃもったいない! ご飯にもなるマシュマロレシピ

突然ですが、あなたはマシュマロをどうやって食べていますか?

そのまま食べる、焼きマシュマロにする、ココアやコーヒーに溶かす……あたりでしょうか。でも、本当はもっといろんなアレンジレシピができるんですよ!

今回はマシュマロを使った、変わったレシピを紹介します。

■マシュマロトースト

パンのサクサクの食感と、とろとろのマシュマロがおいしいマシュマロトースト。チョコレートやジャムでトッピングするのもアリ!

作り方は、マシュマロをパンの上にたくさん乗せ、オーブンで焼くという簡単なものなのですが……。

失敗すると、マシュマロが真っ黒にコゲて食べられなくなります。先にパンだけ焼いてから、マシュマロを乗せてちょっと加熱するのがいいかも。

■マシュマロピザ

マシュマロとチョコレートで作るマシュマロピザ。こちらもオーブントースターで生地だけ先に焼いてから、具材を乗せるとうまく作れるようです。

生地はピザ生地の他、餃子の皮が使えるんだとか。どうしても余りがちな食材なので、食後のスイーツにいかがでしょうか。

■甘くてふわふわの玉子焼き

レンジなどで加熱して溶かしたマシュマロは、玉子焼きの調味料に使えます。入れると甘くてふわふわになるんだそう。

普通の卵焼きは味付けが難しくてなかなかうまく作れない……という方は、チャレンジしてみては?

■マシュマロ×コーンフレークのシリアルバー

また、溶かしたマシュマロを、コーンフレークと絡めてシリアルバーを作れます。ドライフルーツ、ナッツなどを入れても良さそう!

実は、ご飯にもスイーツにも使えるマシュマロ。そのまま食べてもおいしいですが、簡単なアレンジレシピがたくさんあるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(マッハ・キショ松+ノオト)

written by

マッハ・ キショ松
マッハ・ キショ松
気がついたらとんでもない名前になってしまい、親に仕事を教えられないWebライター。さえない顔のせいで、小学生の頃から「予備校生っぽい。受験勉強そっちのけで、珍しい虫とか調べてるでしょ」と言われ続けています。ちゃんと自己紹介しても「囲碁が得意」「ほっけの塩焼きが好物」「学校でフォークダンスを踊ったことがない」と勘違いされてしまうのが残念。本当は、将棋とおくらが好きです。
この記事へのご意見はこちら