メディア個別 生理時期は要注意!! 20代女子でも油断できないぎっくり腰 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
警告、恋愛マンガ中毒!
生理時期は要注意!! 20代女子でも油断できないぎっくり腰

生理時期は要注意!! 20代女子でも油断できないぎっくり腰

アラサー筆者の周りでは、最近ぎっくり腰に悩まされる同年代の人が増えています。「ぎっくり腰=中高年がなるもの」という短絡的なイメージしかなく、「20代もなるんだぁ」と他人事に思っていました。しかし、重たい物を持ち上げたある日、筆者の腰にも不吉な痛みが走ったのです……。

若者のライフスタイルが関係しているという、20代のぎっくり腰。原因や対処法・予防法などについて、まつだ整形外科クリニック院長・松田芳和先生に聞きました。

■些細な動きで発症することも! 主な原因は筋力低下

──ぎっくり腰とは、そもそもどのような状態のことですか?

「腰を捻挫し、筋肉や靱帯が損傷している状態で、医療機関では『急性腰痛』と言われます。起き上がったり立ち上がったり、身動きを取ることが困難なほどの激痛を伴うこともあります」

──どんな時に発症しやすいのですか?

「重い荷物を持ち上げた時に発症する人が多いですが、実は『物を取ろうとした時』『ズボンを履こうとした時』など、何気ない動作で発症してしまうこともあるんです」

──原因は何でしょうか?

「腰を支える筋肉や靱帯などに、許容できないほどの負荷がかかると発症すると言われています。

また、運動不足で筋力が低下していたり、長時間立ったまま・座ったまま同じ姿勢でいたりする生活習慣によって、筋肉や靱帯が疲労しやすく脆弱になると発症しやすいです。そのため、ただ物を取ろうとしただけなど、弱い負荷でも最後の一撃になってしまうことがあります」

■女性の方がなりやすい! スマホ・PC中心の生活にも注意

──ちなみに、男女差はあるのでしょうか?

「女性の方が多いと言われています。要因の一つが、男女の筋肉量の差です。一般的に女性は筋力が弱く、腰により負担がかかるためと考えられています。

また、ホルモンバランスも関連しています。排卵日~生理3日目くらいまでにかけて分泌量が増えていく『リラキシン』というホルモンがあります。このホルモンは生理時に経血をスムーズに排出し、出産時には産道を開く作用があるため、リラキシン分泌期間中はいつもより骨盤の関節が動きやすく、腰痛が出やすい時期なのです。

この期間に無理な力仕事などをしてしまうと、骨盤周りの筋肉や靱帯に負荷がかかってしまい、重度の腰痛の原因になることもあります。もちろん、腰痛の有無や強弱には個人差がありますが」

──中高年がなりやすいイメージですが、20代のぎっくり腰の原因は何だと考えられますか?

「姿勢の悪い方や筋力が低下している方が多いためと考えられます。スマホ使用時や、デスクワーク時の姿勢が悪かったり、電車や車で長時間座ったりして下半身の筋肉を使わなくなるのが原因です」

■発症したら楽な姿勢で安静に

──ぎっくり腰になってしまった時、自宅ではどのように対処したら良いですか?

「『RICE』を心がけてください。これは『Rest(安静)』『Ice(アイシング)』『Compression(圧迫)』『Elevation(挙上)』の頭文字を取った言葉で、身体の突発的な痛みへの対処法なのですが、ぎっくり腰にも有効だと考えます。

『Rest(安静)』は文字通り、安静にして痛みの悪化を防ぐことです。『Ice(アイシング)』は保冷剤などで15~20分おきに冷やすことを指し、炎症緩和が期待されます。『Compression(圧迫)』は腰痛の場合、コルセットなどで腰を圧迫することで、痛みが和らぐとされています。『Elevation(挙上)』は患部を心臓よりも高い位置に持っていくことで炎症悪化を防ぐ方法なのですが、腰痛の場合は難しいため、一番楽な姿勢を取るようにしてください。

なお、長いこと身体を動かさずにいると別の痛みが発生するという報告もありますので、痛みが落ち着いたら少しずつ身体を動かすようにしましょう」

──病院ではどのように対処してもらえますか?

「鎮痛剤の処方も可能ですが、ぎっくり腰は2~3日休めば治まることが多いです。無理に動いて痛みが強くなるようであれば、自宅で安静にしてみてください」

──ぎっくり腰にならないために、日ごろから気を付けるべきことはなんですか?

「筋力低下の対策としては、上体起こしなどで腹筋を鍛えてください。腹筋が弱いと背筋が過剰に働き、腰に負担がかかってしまうのです。

またラジオ体操も効果的です。長時間同じ姿勢でいると腰まわりの柔軟性が失われてしまい、少しの動作でもうまく動けなくなり、腰に負荷がかかります。ラジオ体操は上半身の柔軟性改善に役立ちますよ」

ぎっくり腰は前兆もなく、突然やってくるそう。姿勢が悪い人や運動不足の人は、いつか痛い目を見るかも……。腰に負担がかかっていないか、自分の生活習慣を見直してみてくださいね。


(五十嵐綾子+ノオト)