メディア個別 こんな経験してみたい… 小日向ハルさんの胸キュンマンガに恋したくなる | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
警告、恋愛マンガ中毒!
こんな経験してみたい… 小日向ハルさんの胸キュンマンガに恋したくなる

こんな経験してみたい… 小日向ハルさんの胸キュンマンガに恋したくなる

「幸せな恋をしてみたい!」「ステキな恋愛に憧れる……」そんな女の子の憧れを描いた、胸キュン必至のマンガがあるんです。

描いているのはマンガ家の小日向ハルさん(@Haruchaap)。思わずときめいちゃうような短編マンガをTwitterに掲載しているんですよ。

今回は小日向ハルさんにインタビュー。作品の紹介や小日向さんの恋愛観に迫りました。

■思わず恋したくなる!

──まずは簡単な小日向さんの自己紹介をお願いします。

「小日向ハルです。Twitterで恋愛系の短編マンガを描いています。初めてインタビューを受けるので、とても緊張しています……!!」

──とってもときめくマンガを多く描かれている小日向さんですが、特に「キュンとくる」オススメの作品をご紹介ください。

「『ずっとそばにいて』というマンガです。一番最後のコマでのシーンがキュンとします……! 直接じゃなくて、寝ている時に本音を言うのがポイントなんですよ」

こちらの「悔しいぐらい、好きなんだ」も小日向さんのオススメ作品。「ささいなことでケンカしてもやっぱり大好き」という女の子の気持ちがあふれていますよね。

──特に反響が大きかった作品を教えてください。

「一番反響をいただたのは『甘い、ブラックコーヒー』というマンガです。Twitterで8000近くリツイートいただきました。短編マンガを書き始めて2つ目の作品だったので印象深いです」

こちらがその「甘い、ブラックコーヒー」の一部。ブラックコーヒーが好きな2コ上の彼氏と、大人なところを見せたい彼女の甘い恋愛を描いたマンガですよ。

■どうしても気になっちゃう……

──小日向さんのマンガには幸せな恋愛をしている男女や、ちょっと切ない淡い恋が描かれていますが、アイディアはどんなところから生まれるのでしょうか。

「自分が経験したことを描いたものもありますが、ほとんどが妄想です(笑)。こういう男の子と女の子がいたらな〜と思いつつ描いています」

──小日向さんにとって「幸せな恋愛」とは何でしょうか。

「幸せな恋愛……難しいですね。幸せの形にもいろいろあるので、一言では表しにくいです」

不意に甘えたくなった時、すぐそばに君がいることも「幸せ」な日常。

突然のプロポーズ。そんな人生の大きな出来事ももちろん「幸せな恋愛」のひとつ。

──ズバリ、小日向さんにとって「恋」とは?

「『気になっちゃう』ですかね。気になって、目で追う。LINEの返信を待ってしまう。今何してるのかなと思い浮かべてしまう……。そんな『気になっちゃう』の一つひとつが『恋』だと思います」

■後悔しない恋を

──今後の小日向さんの夢を教えてください。

「マンガを連載してみたいです。書き続ける自信が今はないので、もっと速く描けるようになってから連載できたらいいなと思います」

──恋に悩める女子たちに何かメッセージをお願いします。

「後悔しない恋ができるようにがんばりましょうね……!」

こちらの夏らしい一枚絵は、なんと小日向さんの描き下ろし! ふと男の子が見せる真面目な表情と驚いた女の子の顔……。シチュエーションを想像するだけでキュンとしますね。

Twitterには他にも小日向さんのステキなマンガがいっぱい。ふと恋がしたくなった時、ぜひ覗いてみてください。きっとたくさんのときめきに出合えますよ。

画像提供/小日向ハル

(伊東ししゃも+ノオト)