メディア個別 突然オトコを感じてドギマギ!? 職場で「胸キュン」したことある? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
突然オトコを感じてドギマギ!? 職場で「胸キュン」したことある?

突然オトコを感じてドギマギ!? 職場で「胸キュン」したことある?

突然ですが、皆さんは「デコドン」って知っていますか? 実はこれ、ドラマ「戦う!書店ガール」で演じられた一コマなんです。

俳優・千葉雄大演じる書店員の三田が披露した「デコドン」。具合の悪そうな副店長・理子(稲森いずみ)を心配して、(熱がないか確認しようと)おでこを当てるというシーンだが、昨年、流行した「壁ドン」よりも″接近度″が増した萌えシチュエーションとして反響があった。
千葉雄大、「デコドン」に反響 大東駿介のアイデア/ORICONSTYLE

さらにTwitter上ではこんな声も。

ちなみに、ドラマで2人は上司と部下の関係。さすがに「デコドン」まではいかないまでも、職場の男性に胸キュンした経験がある人もいるのでは? そこで今回はどんな時にキュンとくるのか、Twitterの意見を拾ってみました。

やっぱり、男性の運転姿はときめき率高し!

絵文字を使わなそうな人、というところがポイント。一見クールそうな男性が見せるかわいい一面に、女子は弱いのです。

確かに、恋愛ゲームに出てきそうなシチュエーション(笑)。

高級ホストクラブって……。地味な職場経験しかない筆者には全く想像がつきませんが、ちょっと体験してみたい。そんな一方でこんな意見も。

なるほど。確かに同じことをされても、キュンとくる人とこない人がいますよね。恋愛感情とまではいかなくても、少なからずその人に好意があるというのが前提なのかも。それにしても「畑くんのくわえタバコ姿」、気になります……!

ひとたび胸キュンすれば、その日一日のやる気度が全然違いますよね(筆者だけ?)。胸キュン男子、仕事場に1人は欲しいものです(笑)。

(榮みほ+ノオト)