メディア個別 思い出話で盛り上がれそう! プレゼントの箱に「県民BOX」はいかが? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
思い出話で盛り上がれそう! プレゼントの箱に「県民BOX」はいかが?

思い出話で盛り上がれそう! プレゼントの箱に「県民BOX」はいかが?

家族や友だち、恋人にプレゼントをあげる時、中身はもちろんですが、ラッピングにも力を入れたいですよね。

そんな時に使えそうなアイテムが、各都道府県をデザインした箱「県民BOX」です。受け取る相手の出身県のものを使えば、その人だけの特別感が出せそうですよ。

都道府県の形になっているフタには、名産品・観光名所など各県の特徴がかわいいイラストで描かれています。

寺社仏閣で有名な京都府なら「清水寺」や「舞妓さん」!

98年にオリンピックが行われた長野県は「スキージャンプ」や「ぶどう」、「りんご」などなど……。

県によって大きさが大・中・小と異なり、価格は500~750円(すべて税抜)。ロフト限定の商品で、池袋・札幌・名古屋などの各店舗や、Web上で購入できます。

プレゼント用に使ったら、その地域に住んでいたころの思い出話で、自然と会話が盛り上がってしまうかも。旅行した都道府県の「県民BOX」をコレクションするなど、自分用にしても楽しめそうですね。

画像提供/LoFt

(マッハ・キショ松+ノオト)

written by

マッハ・ キショ松
マッハ・ キショ松
気がついたらとんでもない名前になってしまい、親に仕事を教えられないWebライター。さえない顔のせいで、小学生の頃から「予備校生っぽい。受験勉強そっちのけで、珍しい虫とか調べてるでしょ」と言われ続けています。ちゃんと自己紹介しても「囲碁が得意」「ほっけの塩焼きが好物」「学校でフォークダンスを踊ったことがない」と勘違いされてしまうのが残念。本当は、将棋とおくらが好きです。
この記事へのご意見はこちら