メディア個別 楽チン&オシャレが叶う! 夏のオフは“ビーサン”コーデで決まり | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
私の30歳。
楽チン&オシャレが叶う! 夏のオフは“ビーサン”コーデで決まり

楽チン&オシャレが叶う! 夏のオフは“ビーサン”コーデで決まり

朝から日差しが眩しい夏の休日は、おしゃれのモチベーションも何だか停滞気味。あつーい中お出かけするんだったら、せめてファッションは楽チンさを求めたい! 今回はそんな気分の日にぴったりな、ビーチサンダルのオフコーデをご提案します。

■タウンユースのビーサンは大人カラーで

海やリゾート地だけではなく、今やすっかり街中で履くのが当たり前になったビーチサンダル。とにかく楽に過ごしたい休日コーデにはぴったりのアイテムです。タウンユース用のビーチサンダルは、黒やベージュの落ち着いたカラーを選ぶのがおすすめ。洗練された印象で、子どもっぽく見えたり、ラフすぎて見える印象を防ぐことができます。

■デニムコーデは黒で締める

デニムにビーサンを合わせる場合は、全体を黒の小物で引き締めるとメリハリが生まれ、ラフすぎない着こなしが完成します。デニムはボディラインを拾いにくい、ストレートやワイドシルエットの1本を選ぶとGood! 足の甲に裾がかかるぐらいの丈感を選ぶと素肌が見えすぎず、普通のサンダルのような感覚でスタイリングを楽しめます。

■ワントーンでまとめて上品に

ベージュのビーサンでスタイリングを組むならぜひトライして欲しいのが、ワントーンコーデ。オールインワンに巾着バッグを合わせれば、大人のリラクシーコーデを演出できます。写真のように、微妙に濃淡を変えた小物をプラスすれば、ワントーンでも平坦な印象の着こなしになりません。

■風になびくロングワンピースで心地よく

とにかく楽チンさ重視するという方は、ロングワンピースにビーサンを合わせた着こなしで心地よく過ごして。Tシャツにキャミワンピをレイヤードすれば、シンプルでも表情のあるコーデが完成します。黒やくすんだ色味のアイテムを全体に使用した場合は、白の小物をプラスすると、抜け感が生まれますよ。

■カラーリネンスカートで女性らしく

女性らしいビーサンコーデを楽しみたい方は、カラースカートで華やかな着こなしにトライ。ヌーディーカラーのビーサンを選べば、インパクトのあるカラースカートを合わせても派手すぎず、品良く仕上がります。肌馴染みのいい色味のビーサンは、脚長効果も狙えるのでロングスカートをスッキリ着こなせますよ。


アイテム自体のカラー、そしてスタイリングのちょっとしたバランスを意識するだけで、洗練された印象を味方にできるビーサンコーデ。猛暑が続く今夏ですが、お休みの日はリラクシーなビーサンコーデで、楽チン&オシャレを叶えて。

(文 希紀+アリシー編集部)

written by

文希紀
文希紀
服とコスメ=肉とお酒 を天秤にかけられないアラサー女子。アパレルブランドの営業として仕事漬けの日々を送った後、言葉の表現に目覚めてライター&エディターに。「私でもできる!」と思えるような“おしゃれ、可愛いの先がわかる”記事をモットーに執筆中。休日はNetFlixとお酒があれば、それで幸せ。たまにふらっと韓国へ行く。
この記事へのご意見はこちら