お母さんに会いたくなる感動の絵本「ちいさなあなたへ」が泣けすぎて困る……

お母さんに会いたくなる感動の絵本「ちいさなあなたへ」が泣けすぎて困る……

大切な人と読んでください
2008年に発売されて以来、口コミで話題となり、ロングセラーとなっている一冊の本をご紹介します。母から娘へ繋ぐ命のバトンを描いた絵本「ちいさなあなたへ」(主婦の友社)です。
アメリカでの発売は2007年。NYタイムズやアマゾンの児童書ランキングでハリー・ポッターシリーズを抑え、堂々の第1位に。日本でも発売後、主婦層を中心に話題をよび、出産祝いや母の日に贈る定番の絵本となっています。
赤ちゃんを授かったお母さんの視点から、子どもを持つことの喜びやわが子の成長を想う気持ちが、シンプルかつやさしい言葉で紡がれていきます。
多くのおかあさんと娘が涙する絵本『ちいさなあなたへ』
そして時は流れ、いつしか髪が銀色に染まったわが子を想い、母親はある一つの願いを託します。その願いとはいったい何だと思いますか? ぜひ、ご自分の目で確かめてみてください。
ツイッターユーザーからも感動の声が多数挙げられています。この絵本を読んだら、きっとあなたもお母さんに会いたくなるでしょう。

(目良シンジ+ノオト)

関連記事