メディア個別 今改めて、食パンがブーム! 魅惑の「生食パン」も要チェック | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
忘れられないキス。
今改めて、食パンがブーム! 魅惑の「生食パン」も要チェック

今改めて、食パンがブーム! 魅惑の「生食パン」も要チェック

定番ながら、ここ数年じわじわと人気が再燃している食パン。最近はトーストせず、ジャムやバターなどを付けなくてもそのままでおいしい、“生食パン”も登場しています。総菜パンや菓子パンもおいしいけれど、シンプルな食パンを改めて味わってみませんか? 人気店をご紹介します。

■Pelican(ペリカン)

浅草に店舗を構えるペリカンは、昭和17年創業の老舗。食パンをはじめ、ロールパン、コッペパンのみを扱っているそうです。

こちらが、角食パン。ずっしりと中身が詰まっているのが、写真からもわかります。このまま食べるのも良いですが、シンプルだからこそアレンジしてもOK!

トーストして、あんことバター。おいしそうですね!

■CENTRE THE BAKERY(セントル・ザ・ベーカリー)

続いては、銀座のセントル・ザ・ベーカリー。焼き上がり時間には行列ができる、人気店です。こちらで扱うのは、イギリス食パン、プルマン、角食パンの3種類のみ。

「角食パン」は国産小麦を使用。しっとり柔らかな生地で、甘さがありますが、甘すぎず程良いのがポイントだそうです。

カフェスペースでは、食パン3種類の食べ比べもできますよ!

■一本堂

全国に店舗のある一本堂も、食パンのみを扱う専門店。プレーンタイプは、「一本堂食パン」「高密度」「日本の食パン」、そして夏季限定になりますが「塩食パン」もあります。お店の前には、それぞれのパンの焼き上がり時間が書いてあるので、焼き立てを買うことができますよ。

今回は、塩食パンを試してみました。まず驚いたのは、その柔らかさ。

手にするだけでもわかるフワフワとした柔らかさは、口に入れた時にも感じました。味は名前の通り塩味ですが、くどくなくまろやかです。たっぷり練りこまれたカルピスバターが、程良い塩加減の決め手だそう。小麦の香りが感じられ、山型食パンならではの耳の香ばしさもありました。焼き立てはそのままで、次の日、2日後はトーストしていただきました。トーストすると、塩味が少し強く感じられましたよ。

■乃が美

そのままでおいしい生食パンにも専門店があります。全国展開する「乃が美」もそのひとつ。

自ら『高級「生」食パン』と謳うほど、そのおいしさはハイレベル。柔らかな口どけとほのかな甘みにファンも多いようです。やはり何もつけず、そのまま食べるのがオススメ。

こんな朝ごはんなら、暑い日でも朝から食欲が出てきそう!

■神戸屋レストラン

パンメーカーとして有名な「神戸屋レストラン」でも「神戸屋づくり 輝き」というネーミングで、生食パンを販売しています。

こちらは一斤ですが、半斤からも購入できます。試してみたところ、一口でクセになるやさしい甘みが特徴的。ジャムなどをつけるのはもったいないくらいです。

そして、耳と呼んでいいのかと迷う程耳までフワフワに柔らかい! でも口に入れると、モチモチと弾力感もあるのです。

■俺のBakery&café

恵比寿と銀座、新宿に店舗を構える「俺のBakery&café」にも、生食パンがあります。種類は小麦の違いで2種類。

焼き立てを頬張ると、しっとりモチモチで耳はサクサクなのだとか。こんな厚焼きを食べられるというのも、パン好きにはたまらないですね! 

もちろんテイクアウトもできますよ。

■考えた人すごいわ

6月末には、清瀬に新たな生食パン専門店がオープンしました。その名も「考えた人すごいわ」。しっとり感と程良い塩気で、そのおいしさは「食パンの概念が変わる」という声も。

インスタではちぎって食べたという人も多かったです。

シンプルだからこそ奥が深~い食パン。食感や甘み、塩加減など、よくよく味わってみるとお店によってまったく違います。今回は有名店を紹介しましたが、いろいろな食パンを試してみてくださいね!


(佐藤まねごと+ノオト)