メディア個別 ひとりでいるより、ふたりがいい? イラストレーター・みつ汰が描く恋物語 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
私の30歳。
ひとりでいるより、ふたりがいい? イラストレーター・みつ汰が描く恋物語
アリシー作家連載陣ダイジェスト記事

ひとりでいるより、ふたりがいい? イラストレーター・みつ汰が描く恋物語

恋人といる時間には、ひとりでは決して味わうことのできない思いに気づくことが多いもの。幸せな気持ちの日もあれば、寂しくなったり、悲しくなったり……。瞬間で変わる心模様は、自分でも制御するのが難しいですよね。

アリシーの連載「ひとり、ふたり」では、恋人同士の心の機微を描きつつ、少しずつ歩みを進めるふたりの姿を描いています。今回は、まだ読んだことがない人のために第1話を紹介します。

■名残惜しい、最終列車の時間


最終列車のベルは、恋人との幸せな一日を終わらせる音。握った手を離すのが名残惜しくて乗り逃してしまった、そんな経験をしたことのある人は多いのでは?

そんな第1話でしたが、最後の2コマの展開は、ある種ものすごく前に進んでいるような気もします。とは言え、ふたりの会話を追っていると、あながち短い付き合いでもないように思えますね。同棲や結婚って、ふとしたタイミングで決まるのかも?

■第2話以降も、少し紹介


そうして始まった部屋探し

第2話は、始まった部屋探しの一幕。ひとり暮らしでも、新しい家を探すときってワクワクしてしまいますよね。ましてやそれが大好きな彼氏と一緒に住む部屋だったら……。

第1話といい、この話といい、不意打ちでドキリとする言葉を投げてくる彼氏くん。素で心をわしづかみにする男子、たまにいますよね。

いざ内見へ

いよいよ部屋探しを進めるふたり。小さな吹き出しですが、「コンビニも近くて―」と不動産屋さんが言っています。これ、超大事! 

より楽しい想像が膨らむ内見。果たしてふたりはどんな部屋に決めるのか?

■おそろいの日も要チェック


「ひとり、ふたり」の前に連載していたのがこちらの「おそろいの日」です。

普段と少し違う服を着て、職場の歓迎会に行った日のこと。ふと、別部署の男性と目が合って……。「ひとり、ふたり」とはまた違う、どこか甘酸っぱくて初々しい、ちょっと不思議な大人の恋を描いています。こちらも要チェック!

■作者のみつ汰は、こんな人!


twitterでは、主にさまざまな男子と女子の美麗なイラストで投稿して人気のみつ汰。妙に生活感や既視感を覚える、普段の生活を切り取ったような一枚絵は、美術館のマンガ展でも観ているかのよう。ぜひ、twitterも覗いてみて!


今後のふたりの展開が気になる「ひとり、ふたり」は隔週日曜日に公開します。見逃さないように気を付けて!

(アリシー編集部)

アリシーマンガ部
アリシーマンガ部
アラサー女性が、自分らしい生き方を見つけるためのWebメディア「アリシー(@aliceynews)」のマンガ・エッセイアカウント。マンガ、イラストなど、エンタメ情報をお届けします。女性なら一度は体験したことがある、リアルで共感あふれる作品を楽しんでみて。
アリシーマンガ部@alicey_manga