メディア個別 食いしん坊にはたまらない、グルメを求めて訪れたい国・ベルギー★ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
オトナの引きこもり遊び。
食いしん坊にはたまらない、グルメを求めて訪れたい国・ベルギー★

食いしん坊にはたまらない、グルメを求めて訪れたい国・ベルギー★

ヨーロッパでグルメ大国というと、フランスを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、“食”を求めて旅する人におすすめしたいのが、ベルギー。

日本でもおなじみのベルギーワッフルは、街を歩いていると路面店やキッチンカーをよく見かけますし、カフェでも定番のメニューです。

ベルギーチョコも有名ですね。ベルギーには街中にチョコレートの香りが漂っているほど、チョコレート屋さんがたくさんあります。高級チョコとして知られる、GODIVAやピエール・マルコリーニもベルギー発。

そして、2013年広尾に専門店がオープンして話題を呼んだフレンチフライ(現地では「フリッツ」と呼ばれています)もベルギー出身。フレンチフライというと、その呼び名から「フランス発祥じゃないの?」と思われがちですが、実はベルギー発祥なんです。

その昔、アメリカにフレンチフライを持ち込んだのがベルギーからの移民たちで、彼らがフランス語を話すことから、フランス人と間違われ、フレンチフライと呼ばれるようになったのだとか。

そんなフレンチフライ=フリッツは、料理の付け合わせでもあり、おやつとしても楽しめます。街にはひと目でフリッツが売っている場所とわかる看板があちこちに!

さらに北海に面したベルギーで人気なのが、ムール貝。7月中旬から4月初旬がシーズンで、レストランではお鍋に山盛りのムール貝が提供されています。

調理方法として最もポピュラーなのが、白ワイン蒸し。フォークを使ったり、直接手で食べたりするのではなく、貝ガラをトング代わりにして中身をつまんで食べるのが、現地流です♪

そして、忘れてはいけないのがベルギービール!!

主な醸造所だけで120カ所、銘柄数は700種類以上ある、と言われているベルギービールは、銘柄ごとにグラスが作られています。なんでも「専用グラスで飲まないとおいしさが半減する」とまでいわれているほど。

甘いものからしょっぱいものまで、食に困ることを知らない美食の国、ベルギー。書いていたら、なんだかお腹が空いてきました! この夏の旅先候補にぜひいかがでしょうか!?

written by

長谷川 梨紗
長谷川 梨紗
ライター/ライター/プロデューサー。神奈川県出身。広告出版企業を退職後、2010年より夫婦で世界一周の旅へ。「COOL JAPAN Project~海外で受け入れられている日本の文化」「BOOM JAPAN Project~日本が受け入れられる海外の文化」をテーマに、世界40カ国を旅しながら情報発信。帰国後、無印良品のMUJIキャラバン隊として、47都道府県の各地に根ざしたヒト・モノ・コトを取材発信する日本一周の旅を完遂。現在は、株式会社くらしさを設立し、各地の魅力を発信している。
この記事へのご意見はこちら