メディア個別 ひとり暮らしでも余らせない! キャベツ半玉使い切りレシピ3選 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
ひとり暮らしでも余らせない! キャベツ半玉使い切りレシピ3選
ひとり暮らし女子の台所レシピ

ひとり暮らしでも余らせない! キャベツ半玉使い切りレシピ3選

ひとり暮らしの料理でよくある悩みが、ポーションの大きな食材を使い切れずに余らせてしまうこと。例えばキャベツは、多くのスーパーで半玉から売られています。しかし、買ったはいいものの、使い切れずに冷蔵庫で腐らせてしまった……なんて経験はないでしょうか?

今回は、そんなキャベツを使い切るためのレシピを料理研究家の加瀬まなみさんに提案していただきました! キャベツ半玉で、バリエーション豊かな3つのメニューを作ります!

■低糖質が嬉しい! キャベツの蒸しお好み焼き風

いま話題の低糖質メニュー。粉の代わりにキャベツをたっぷりと使ったお好み焼き風です。糖質を抑えながらも、お腹いっぱいになれる一品です。

[材料]
豚バラ薄切り        100g
キャベツ          1/4個
タマネギ          1/2個
塩小さじ          1/4
(A)
紅ショウガ         適量
かつおぶし         適量
ソース           適量
マヨネーズ         適量

キャベツは端の固い部分を切り落として、1cm幅の短冊切りにします。

タマネギは薄切りに、豚バラ肉は5~6cm幅にカットします。

フライパンにキャベツとタマネギを敷き詰め、全体に塩を振ります。ここで塩を振ることで、下味を付けるだけではなく、浸透圧で野菜から水分が出やすくなり、しっとりとした仕上がりになります。

豚肉を広げて乗せます。

蓋をして中火で5~6分蒸し焼きにし、豚肉の色が変わったら火を止めます。

(A)のトッピングを散らして完成です。フライパンごと食卓に出してもOK!

■甘じょっぱい味でごはんがすすむ! 鮭とキャベツのチャンチャン焼き

北海道の郷土料理、「チャンチャン焼き」のレシピ。甘じょっぱい味付けで、ごはんがすすみます。

[材料]
鮭の切り身(甘塩)     1切れ
キャベツ          1/8個
ホールコーン        30g
バター           20g
(A)
味噌            大さじ2
みりん           大さじ2
砂糖            小さじ2
すりごま          大さじ1
おろしニンニク       小さじ1/2

キャベツはザク切りにし、鮭は食べやすい大きさにカットします。

フライパンにバターを溶かし、鮭がこんがりするまでソテーして取り出します。

フライパンに残ったバターで、キャベツ、コーンを炒め、(A)の調味料を加えて炒めます。

キャベツとコーンを器に盛り付け、その上に鮭を乗せて完成!

■一瞬で完成! もみもみ塩こんぶキャベツ

キャベツをちぎって揉み込むだけで一瞬で完成する一品。箸休めに最適です。

[材料]
キャベツ           1/8個
塩              小さじ1/2
(A)
塩こんぶ           20g
ごま油            小さじ1

キャベツを一口大にちぎり、ビニル袋に入れます。塩をふってしんなりするまでぎゅぎゅっと揉み込みます。

しんなりしたら水気をしっかり絞ります。写真のように袋に入れたまま水を絞るのが、手が汚れずオススメです。

(A)を加えて混ぜ、盛り付けして完成。


いかがでしたでしょうか? 今回紹介したレシピは、特別な材料や道具を使わず、難しい工程もなく短時間で完成できるレシピです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

(まにゃむ+アリシー編集部)