メディア個別 料理研究家・フードコーディネーターになるには | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
料理研究家・フードコーディネーターになるには

料理研究家・フードコーディネーターになるには

 

料理研究家って?

料理研究家というのは、「プロとして料理を研究する人」のこと。美味しい料理とそのレシピを作り出し、人に伝えていくことが主な仕事です。

 

料理研究家の仕事

自分が研究したレシピを伝えていくにも様々な方法があります。
料理研究家の活躍の場としては、

1. 食品メーカーなどの商品を使ったレシピ開発
2. 食品などの商品開発に直接関わる
3. 料理教室や調理師養成施設での講師
4. テレビ・雑誌などのメディアへの出演
5. HP、SNS(Twitter、Facebook、Instagram、動画サイトなど)、ブログなどでの情報発信

など幅広く、自分の得意分野や強みを生かしていくことが求められます。

 

料理研究家になるには?

料理研究家になるためには特別な資格等は必要ありません。自分が料理を研究した成果をシェアしたいという気持ちがあり、経験や実績を積むことで料理研究家として認知されていくことを目指す職業といえます。

 

料理研究家になるための資格

料理研究家になるのに必要となる資格は特にありませんが、プラスアルファとして様々な資格をもって活躍している方も多くいます。代表的な国家資格としては調理師・栄養士・管理栄養士などがありますが、そのほかにも、野菜ソムリエ・フードコーディネーター・食育インストラクター・介護食アドバイザー・薬膳コーディネーターなど、食に関する民間資格も数多くあります。取得してあれば得意なジャンルについても伝えやすくなるでしょう。

また、資格ではなくても、スピード料理・ダイエット料理・スーパーフード・スポーツをする人のための料理など、より専門的な内容に特化したレシピを発表する料理研究家の方も増えています。時代に求められるメニューや、自分が将来目指す目標に沿って常に勉強し続ける姿勢が求められていると言えるでしょう。

 

料理研究家になるまでの道のり…アシスタントから独立、ブログで発信など

元々プロの料理人だった、調理師養育施設の教員、料理研究家のアシスタント、料理書籍の編集者、料理教室の講師出身など、料理研究家になるまでには、人により様々なプロセスがあります。また、最近ではSNSやブログでの発信、レシピサイトへの投稿などを続けることで料理研究家と認知される方も多くいます。

料理研究家としてのチャンスをつかむためにはいろいろな形で自分をプロデュースし、積極的に仕事としての料理に関わっていくことが大切です。

 

フードコーディネーターって?

フードコーディネーターは、食に関する幅広い知識をもとに、食ビジネスの様々な場面で活躍する仕事です。

 

フードコーディネーターの仕事

フードコーディネーターという職業には、かなり広い範囲の仕事が含まれます。例えば、

1. 飲食店のメニュー開発やコンサルティング
2. 料理教室の運営
3. テレビや雑誌に出る料理の調理やスタイリング

などがありますが、ここに挙げた以外にも、様々な分野でフードコーディネーターが活躍しています。

食ビジネスに関わる分野では、関わった商品やメニューを売るための仕組みを考えたり、利益を出すことに対しての総合的なプロデュース能力が問われる職業と言えます。
企業に勤める人もいますが、多くはフリーランスとして仕事をしています。料理研究家とフードコーディネーターの両方の肩書を持って活動されている方も多くいます。

 

フードコーディネーターになるには?

フードコーディネーターも、料理研究家と同じく特別な資格がなくてもなることができますが、民間の認定制度もあります。センスや技術、食に関する幅広い知識を身に着けることが大切です。

 

フードコーディネーターになるための資格

民間団体が認定するフードコーディネーターの認定制度があります。この資格は専門学校等に通ったり、通信講座を利用したりして勉強することができます。この資格をもたずにフードコーディネーターとして活躍する方もたくさんいますが、認定資格を保有していれば、プロとして活躍できるスキルがあると伝えやすくなるでしょう。

また、特別な資格が必要ないとはいえ、食に関する様々なスキルや知識を持っていることが前提の職業です。
フードコーディネーターの中に調理や栄養に関する専門学校や大学・短大などを卒業している方が多いのもそのためです。

 

フードコーディネーターになるには - 料理を仕事にするということ

現在プロとして活躍しているフードコーディネーターのアシスタントになる、外食産業や食品メーカーに就職して必要とされる知識を身に着けるなど様々な道があります。専門学校などに通っている場合にはそこから紹介を受けて仕事につながることもあるようです。

業界で働くとしても職業としてフードコーディネーターを続けていくためには、常にフードビジネスに関してのアンテナを高く保ち、時代や仕事先の業態などで求められるものに対応できる能力を磨くことが求められていくでしょう。

 

Nadiaで活躍する料理研究家・フードコーディネーター

Nadiaで現在活躍中の料理研究家・フードコーディネーターから、自分の得意分野や資格を活かして活躍するお二人をご紹介します!

 

高橋善郎さん

和食料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。2015年からは農林水産省・JICAの共催事業にも参画し、国内外で日本食・食文化を発信している。
スポーツをこよなく愛し、2016年6月に行われたトライアスロンの大会では年代別準優勝。「食 × スポーツ」を普及する活動も精力的に行っている。それらの活動や料理の情報など、Instagram、ブログなどSNSで紹介している。

保有資格:日本酒学講師 / 唎酒師(ききさけし) / ソムリエ(ANSA) / ビアアドバイザー / おさかなマイスター / ジュニア野菜ソムリエ / ジュニアアスリートフードマイスター / 調理師免許 /食品衛生責任者

●高橋善郎さんのプロフィールはこちら!

 

神田依理子さん

料理教室eriko cooking salon主宰、料理家。野菜をたっぷり使ったおつまみや家庭料理を中心に紹介している。
テーブルコーディネートのセンスを生かしたスタイリングなどにも定評あり。

保有資格:ビアテイスター / ジュニア野菜ソムリエ

●神田依利子さんのプロフィールはこちら!

 

Nadiaは料理研究家やフードコーディネーターになりたい方を応援しています!

Nadiaでは、料理研究家やフードコーディネーターを目指す方のための料理学校、Nadia Artist Academyを開催しています。
レシピ開発、メニュー開発、フードスタイリング、カメラ撮影、料理の基礎知識など「料理を仕事にする」ための実践的な授業を、現役で活躍する講師から学ぶことのできる講座です。
ぜひチェックしてくださいね。

Nadia Artist Academyについて詳しく見る
https://oceans-nadia.com/academy/