メディア個別 悪魔の誕生日占い! 2018年下半期運勢ランキング | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
悪魔の誕生日占い! 2018年下半期運勢ランキング
悪魔の誕生日占い

悪魔の誕生日占い! 2018年下半期運勢ランキング

2018年はどんな年になる?『辛口誕生日事典2018』(宝島社)などの著者・真木あかりが、下半期の運勢を読み解いてランキング形式でお伝えします。

■第9位…4日生まれ、13日生まれ、22日生まれ、31日生まれ

運気は低空飛行の見通しです。特に夏から秋にかけては、我慢を強いられることも多くフラストレーションが溜まりそう。まっすぐに受け止めなくてもいいことはスルーするなどして、自分の負担を減らすようにしたいですね。あなたは我慢強い人ですが、だからといって重荷が軽くなるわけではありません。大きなジャンプの前には、ぐっと身をかがめる瞬間も必要。今がその時と思って、自分を大切に頑張っていきましょう。

■第8位…2日生まれ、11日生まれ、20日生まれ、29日生まれ

人が離れていったり、ちょっぴり人間不信になったりと、対人面で心配事を抱えることになるかもしれません。ただ、あなただけが悪いわけではなく、相手の事情も絡んでいます。不必要に自分を責めることなく、そのときどきでベストを尽くしていれば大丈夫でしょう。迷いがある時は無理に決断せず、ひとりの時間をつくって納得がいくまで考えて。

■第7位…3日生まれ、12日生まれ、21日生まれ、30日生まれ

7月は好調なものの、その後は今ひとつふるわない感じがあるかもしれません。前進や向上を目指すよりは、立ち止まって足元を固めるべき時期と思ったほうが運気の流れにうまく乗っていけるでしょう。勉強やスキルアップのための努力、自分磨きなどコツコツと続けるのはいずれもラッキーアクション。対人関係では挨拶やお礼など日々の交流を丁寧に。

■第6位…6日生まれ、15日生まれ、24日生まれ

下半期はうれしいことにも恵まれるものの、なんとなく停滞を感じやすい予感。特に7月は焦りから失敗を招くので要注意です。「もしかしてダメになるかも」という不安が生まれたら、まずは落ち着いて。変に状況をいじり回すよりも、待ちの姿勢でいたほうがうまくいきやすいはず。光が見えるのは11月以降。大事なことは、できればその時期に決断を。

■第5位…5日生まれ、14日生まれ、23日生まれ

恋も仕事も頑張ってもなんとなく手応えが得られず、モヤモヤが募る下半期。その努力が報われるのは年末なので、くさったり諦めたりすることなく、トライ&エラーで続けていくことがこの時期のポイントとなります。頑張りすぎるともたないので、イヤにならない程度に力をセーブするのも良いでしょう。特に8月は、あまり無理をしないことです。

■第4位…1日生まれ、10日生まれ、19日生まれ、28日生まれ

なかなか激しい運勢です。夏の間は幸運期だけにチャンスが到来するうえ、人気運がアップしてあちこちから引っ張りだこに。しかし秋の風が吹くころになると、急にトーンダウンして空回りするばかり。運命に振り回されると疲れる一方なので、「行動を起こすなら7月〜9月、10月以降は守りに徹する」と決めておくと良いかもしれません。

■第3位…9日生まれ、18日生まれ、27日生まれ

下半期の注目ポイントはなんといっても8月。年明けから頑張ってきたことが夏にひとつの形となり、晴れ晴れとした気分になるでしょう。9月にはあなたのもとを去っていく人や物事がありそうですが、あまり気にすることはありません。ご縁があれば、必ずまたつながります。10月以降は恋愛面に変化が生まれるかも。カップルなら結婚や同棲に進展する予感!?

■第2位…8日生まれ、17日生まれ、26日生まれ

夏の間は身近なことでバタバタとしがちですが、秋口から一気に前進モードに。これまで頑張ってきたことが形になったり、評価される形で新たなチャレンジをすることになったりする人も多そうです。ただし、好調に甘んじて安心しきっていると12月に緊張が走る予感も。2018年が終わるまで、気を引き締めて走り抜けて。

■第1位…7日生まれ、16日生まれ、25日生まれ

下半期の運勢は高め安定。多少アップダウンはあっても基本的に、運気はあなたに味方します。今がどうあれ「どうせうまくいく」と思って積極的に行動範囲を広げていきましょう。特に運気が良いのは7月、そして秋〜冬にかけて。12月には、2019年につながる良い「スタート」の予感があるかも。


いよいよ下半期です。上半期を振り返りつつ、充実した時間にしていけると良いですね。下半期のカギは「他者への貢献」。できる範囲で周囲の人の力になってあげることで、巡り巡って自分にも良い運が巡ってきます。自分のことに力を注ぎつつ、得意なことはどんどんやってあげるといった感じで過ごすとバランスが取りやすいかもしれません。それでは、素敵な下半期を!

(真木あかり+ノオト)