メディア個別 【真似したい!定食弁当シリーズvol.2】子どもも大人も喜ぶ!ドライカレー弁当を作ろう | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
【真似したい!定食弁当シリーズvol.2】子どもも大人も喜ぶ!ドライカレー弁当を作ろう

【真似したい!定食弁当シリーズvol.2】子どもも大人も喜ぶ!ドライカレー弁当を作ろう

節約や健康のために、お弁当生活をしている方は、お弁当箱に何を詰めようか悩む方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、ランチタイムが楽しみになるお弁当レシピと詰め方を毎月ご紹介しています。

先月の定食弁当は「豚の生姜焼き弁当」でした。

くわしくはこちら
●【真似したい!定食弁当シリーズvol.1】スタミナ満点!豚の生姜焼き定食弁当を作ろう

今月紹介するのは、みんな大好き「ドライカレー」弁当! 湿気が多く、気温が高い梅雨の時期でもぴりっとスパイシーな味わいが食欲をそそります。今回は食材の傷みが気になるこの時期にもおすすめの副菜と合わせた定食弁当をご紹介します。

 

今回詰めるおかずはこれ!

 

冷めても美味しい!作り置きできるドライカレー

炒め合わせるだけで簡単にでき、失敗知らず! ケチャップでマイルドな辛さになり子どもも大人も大好きな味ですよ。合挽肉を湯通して余分な脂を抜くことで、冷めても脂が固まらずお弁当でも美味しくいただけます。また、水を赤ワインに変えるとコクが出ますよ。一度にたっぷり作って、冷凍保存などで作り置きしておくのもおすすめです。

くわしいレシピはこちら
●『作り置きたい!炒めるだけのドライカレー』

 

彩り鮮やか♪さっぱりピクルス

しっかり味のドライカレーにはさっぱりピクルスが箸休めにぴったりです。パプリカの彩りが茶色だけになりがちなドライカレー弁当に彩りを添えてくれます。

すし酢とりんごジュースでできちゃう簡単ピクルスは常備菜にも嬉しい一品です。

くわしいレシピはこちら
●『お手軽簡単!すし酢で彩りピクルス』

 

5分でできる!簡単ちくわの梅しそ巻き

抗菌効果がある梅としそを使ったお弁当おかず。クルッと巻いてピックで刺すだけで簡単なので忙しい朝にも楽々ですね。ちくわのプリッと食感で食べごたえもばっちりです!

くわしいレシピはこちら
●『サッと一品!ちくわの梅シソ巻き』

 

丸いお弁当箱に!ドライカレーのっけ丼弁当の詰め方

今回ご紹介する詰め方はのっけ丼タイプ。丸いお弁当箱を使う方法をご紹介します。

1. ご飯を全体の高さの2/3ほど敷き詰めます。

2. その上にクッキングシートやカップなどでおがず用の仕切りをつけます。
気温の高い季節は生野菜での仕切りは腐敗の原因になりやすいので避ける方が安心です。

3. ちくわの梅しそ巻きをお弁当箱の丸い淵に添わせながら入れます。

4. 空いたスペースに彩り良くピクルスを詰めます。漬け汁はしっかり切って下さいね。

5. 最後にご飯の上にたっぷりドライカレーを乗せたら完成!

 

さっぱりおかずと共に♪梅雨にもおすすめのドライカレー弁当

これひとつで、子どもも男性も大満足のボリューム満点弁当に! ちょっと詰めにくい丸型のお弁当箱でも、自由自在に詰められるドライカレーならだれでも簡単に詰められます。がっつり系のメインおかずには、さっぱり酸味の効いたおかずがよく合います。食欲が落ちがちなこの時期におすすめのドライカレー弁当。ぜひお試しくださいね!

 

●定食弁当シリーズ第1回目はこちら●
【真似したい!定食弁当シリーズvol.1】スタミナ満点!豚の生姜焼き定食弁当を作ろう

 

お弁当の詰め方を研究しよう!
・秋の行楽弁当シリーズ②おかずを大きいお弁当箱にきれいに詰めるコツ
・じわじわ人気上昇中!竹かご弁当の特徴と知っておきたい「詰め方」テク
・コツをつかめば簡単!わっぱ弁当にきれいに盛り付ける方法

 

このコラムを書いたNadia Artist

フードスタイリスト、食生活アドバイザー keiko akiyama
https://oceans-nadia.com/user/57421