メディア個別 梅雨こそお掃除! 重曹ホイップならこすらずピカピカに!? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
梅雨こそお掃除! 重曹ホイップならこすらずピカピカに!?

梅雨こそお掃除! 重曹ホイップならこすらずピカピカに!?

梅雨時期は、出かけるのも億劫になりがち。でも、ゆっくりお家にいるからこそ、ひと手間かけたお掃除をするチャンスかも! そこで、「重曹ホイップ」を使ったお掃除を試してみました。重曹はナチュラルクリーニング剤として人気ですが、これを泡状にすることで、こする必要なくキレイにできるとか。その効果のほどはいかに……?

■重曹ホイップを作ってみよう

<材料>
・重曹 200g
・液体洗剤 50ml(食器洗い洗剤 を使用)
・クエン酸 大さじ2
・水 100ml

<作り方>

1) 重曹を入れた洗面器に、液体洗剤を流し入れます。この時、液体洗剤を“少しずつ”、“混ぜながら”入れるのがポイント。

2) 重曹と液体洗剤がしっかり混ざったら、水を足し、空気を含ませながら泡立てます。水は2回に分けて入れました。

3) やわらかなペースト状になったところで、クエン酸を投入します。少し混ぜるとよりふわっとした泡になりホイップ状になれば完成です!

仕上がりはこんな感じ。時間が経つと泡が消えて、ペースト状に戻ってしまうので、早めに使うようにしましょう!

■見て見ぬふりをしていた汚れを撃退!

日々掃除はしているものの、頑固な水アカやカルキ汚れがそのままになっていたシンクで使ってみます。

さっそく、くすみが気になる部分に重曹ホイップを塗っていきます。スプーンですくって広げ、そのまま30分ほど放置したのち、水をかけて流します。しっかり泡が密着しているので、水を含ませたスポンジでなでるようにして、泡を落としました。

すると、くすみが消えて光るほど、キレイになりました。汚れの目立ちやすい、ステンレスタイプのシンク。特に側面は、水がよく流れる底面と比べて、水はねによる水アカが残りがちです。そんな側面も含めシンクがピカピカになると、料理のモチベーションもアップしますよね!

■お風呂場の汚れはラップパック!

お風呂場の蛇口周りは、水アカやカルキ汚れに加え、石鹸カスなどの蓄積した汚れが。普段お風呂用洗剤でこすってもスッキリするまでは落ちず、そのままにしていました。

キッチンシンクのくすみより、ちょっと手ごわそうだったので、より効果を高めるためにラップをかけてパックしてみました。時間もキッチンより長めの1時間半おきましたよ。

ラップをはずし、シャワーをかけて泡を流していきます。結果がこちら。

残念ながら汚れの強かった部分は完全には落ちず……。ですが、全体的にキレイになり、シルバーが輝くほどになりました。

強い汚れは落ちない部分もありましたが、ほとんどのくすみが取れ、ピカピカになりました。掃除は意外と力仕事。重曹ホイップは泡状にする工程が増えますが、このひと手間で強くこすったりせずにキレイになるので、とっても楽チン♪ これは試してみる価値アリですよ。

(佐藤まねごと+ノオト)