メディア個別 ただのニキビじゃない!? 鼻の真ん中に「めんちょう」ができたら要注意! | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
ただのニキビじゃない!? 鼻の真ん中に「めんちょう」ができたら要注意!

ただのニキビじゃない!? 鼻の真ん中に「めんちょう」ができたら要注意!

鼻の真ん中に大きなできもの! いつものようにニキビケアしているのになかなか治らない……。それってもしかしたら「面疔(めんちょう)」かもしれません。

ニキビとは異なる面疔、それってどんな病気なの? 気になる原因や症状について、こばやし皮ふケアクリニックの院長、小林憲先生にお伺いしました。

■面疔って何?

──そもそも面疔とはどんな病気なのでしょうか。

「面疔は『せつ(おでき)』が鼻部にできた場合の俗称です。せつは毛包炎(ニキビ)が進行して膿栓ができ、発赤・腫脹・皮下硬結ができた状態です。皮膚に常在している黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの菌が毛包内(毛根を含む皮膚組織)に感染して生じる細菌感染症です。

毛穴を刺激したり傷付けたりすることや、過度の保湿や保護で毛穴をふさいでしまったり、ステロイド外用などにより生じたニキビが進行することでできるもので、二キビのできやすい顔、頚部、上背部、前胸部に多く見られます」

──どういう症状があるのですか?

「ニキビだと思っていた赤いしこりが急に硬くなり腫れ上がったら要注意です。数日経過を見ていても症状が改善する様子もなく、痛みが続く場合には、面疔の可能性があります」

──ニキビとの違いは何なのでしょうか。

「ニキビは毛包の浅い部分にできるのに対して、面疔(せつ)は膿瘍を形成するため、毛包の深いところまで炎症が及んだ状態です。そのため、ニキビとは炎症の深さが異なります」

■面疔ができやすい人って?

──面疔ができやすい人の体質・生活習慣などはありますか?

「肌を不潔な状態にしていると、面疔もできやすいと言われています。たとえば、長時間化粧をしていたり、汗をかいたあとそのまま放置したりするなど、毛穴が塞がった状態のままでいるのはNGです。もし面疔が多発する場合や症状が続けて出る場合には、免疫不全状態なども考えられます」

──面疔を予防する方法はありますか?

「予防法は、清潔に保つことに尽きます。化粧をしたまま寝ないなど、肌を清潔にすること。そして、ニキビができたとしても過度に触らないことが重要です」

■面疔ってどうやって治すの?

──面疔の正しいケア・治療方法を教えてください。

「面疔ができてしまった場合、気にして触って刺激をしたり、コンシーラーや化粧で隠したり、無理に膿を出そうと圧迫したりすることは、症状を悪化させる原因となります。石鹸洗浄で清潔に保つことや化粧を避けるなどの工夫が必要となります。治療はセフェム系抗生物質の内服が第一選択です。膿が溜まっている場合は切開排膿(穿刺排膿)を行うこともあります」

──治療にはどれくらいの時間がかかりますか?

「腫れがひどくない場合は抗生物質を5〜7日間服用すると軽快します。腫れがひどく、膿瘍になっている場合は1週間以上服用する場合があり、治癒までに数週間を要することがあります」

──正しくケアしない場合、重大な病気に繋がるのでしょうか。

「かつては抗生剤治療がなかったため、細菌感染が鼻腔を経由して脳内に波及し髄膜炎、脳炎などの重症感染症になったため、死に至る病と言われていました。しかし、抗生物質の服用など、適切な治療を行うことで、現在は速やかに軽快する病気となっています」

──肌荒れに悩む女子に向けて一言お願いします。

「なかなか治らないニキビや、周囲に炎症が広がり、赤み、腫れが強くなってきている場合は、面疔である場合が多いです。自己判断で様子を見るのではなく、速やかに皮膚科専門医のいるクリニックを受診して適切な治療を行ってください」


鼻にできる面疔に限らず、顔を中心とするどこでも起きる可能性のある「せつ」。適切な治療ですぐに治る病気なので、少しでも悩んだら皮膚科の専門医に相談するようにしてくださいね。

(伊東ししゃも+ノオト)