メディア個別 朝の1時間がワタシを変える!「丸の内朝大学」ってどんなところ? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
朝の1時間がワタシを変える!「丸の内朝大学」ってどんなところ?

朝の1時間がワタシを変える!「丸の内朝大学」ってどんなところ?

新年度を迎えて、「何か新しいことにチャレンジしたい」なんてことを考えている人も多いのではないでしょうか。でも「何か」って言ってもなかなか思いつかないし、時間の確保も難しいもの。そもそも一人じゃ、何かを続けるのって難しいですよね。そんな人は、早朝から始まる、ちょっと変わった「学校」に通ってみるのはいかがでしょう?

「丸の内朝大学」。2009年春に開校した同校は、大手町・丸の内・有楽町エリア全体をキャンパスに、朝7時台から開講する市民大学です。これまでの受講者はのべ1万3千人以上! 30代のビジネスパーソンを中心に、年齢、性別、職業、勤務地もさまざまな人が学びに来ているそうです。

春・夏・秋の3期制で、毎期約25クラス、年間約75クラスを開講。地域や都市、社会全体の実際の課題解決にチャレンジするクラスを中心に、コミュニケーションや食、伝統芸能など幅広いジャンルを学ぶことができます。

その中には座学だけでなく、地方の温泉に入りに行ったり、平成中村座を観劇しに行くフィールドワーク型のものも。これだけいろいろな講座がそろっていると、何をやったらいいかわからない人も、興味があるものにチャレンジできますよね。

今回は数々のユニークな講座の中でも、人気のクラスをちょっとだけご紹介! 

■ZEN呼吸法クラス

毎回申し込み受付開始後すぐに定員となってしまう人気クラス。500年に一人といわれる江戸時代中期の禅僧「白隠」が遺した呼吸法で、身体と心の不調を調える方法を学びます。

■アートボイスメソッドクラス

アメリカ・ボストンでの発声研究をもとに、日本人の持っている美しく、深みのある音に合わせてオリジナルメソッドとしてまとめられた発声法を学ぶクラス。毎回受講生からの満足度が非常に高いクラスなんだとか!

■自分のカラダ発見クラス

頭とカラダで理解しながら、自分の姿勢や動作のクセを改善していく方法を学びます。ビジネスパーソンに人気の定番クラス。


一人じゃなかなか続かない学びも早起きも、仲間がいれば楽しく続けられるかも。新しい自分を、朝の1時間から始めてみませんか?

画像提供/丸の内朝大学

(目良シンジ+ノオト)

written by

目良シンジ
目良シンジ
駆け出しの新米ライターです。おいしいおコメになれるよう、がんばります。 コピーライター志望でしたが、縁あって混沌たるライターの世界へ。 エンタメ系中心に、足を使い、身体を張り、楽しい情報をご提供できれば。 最近の関心事→広告、書籍(児童書を中心にまんべんなく)、JAZZ ☆応援メッセージお待ちしてます!
この記事へのご意見はこちら