ホンネで語り合えちゃう!? シークレットな新感覚SNSって?

ホンネで語り合えちゃう!? シークレットな新感覚SNSって?

SNS疲れ、してない?
今の自分の関心ごとからさっき食べたモノまで、SNSを使えばだれでも簡単に情報発信ができる時代になりました。初めて出会った人と電話番号代わりにSNSを教え合うってこともしばしば。今やSNSはとても身近で、コミュニケーションツールとしてなくてはならない存在になっていますよね。

しかし、ネット上でも人とつながってしまうことで、SNSに投稿するためにわざわざネタを探したり、バーチャルの世界でも人間関係に気を遣わないといけなかったりと、“SNS疲れ”に悩んでいる人も少なくないみたい。今、そんな悩みを解決してくれるシークレットなSNSサービスが誕生しているのをご存知でしょうか?

それが、完全匿名SNS「Rumor(ルーマー)」。

■Rumor

Rumorは、友達や同僚と、お互い匿名で、投稿・コメントできるアプリです。
・投稿はすべて匿名。自分も友達も、安心して本音をつぶやけます。
・FacebookやTwitterでつながっている、リアルな友達の本音を見ることができます。
・投稿に対してのコメントももちろん匿名。立場を気にせず発言できます。

実際に使っているユーザーの気になる反応は……。
YoutuberにもRumorユーザー発見!
本音で話せる場所はありますか?【Rumor】
なかなかオープンでは言えないホンネを気軽に話せるのがいいみたい。知り合いだけど誰の発言だろう? という疑問や暴露を見るのも、ドキドキ! これはハマっちゃいそうです。こちらは現在、App Storeのみでダウンロードできるとのこと。

そしてもう一つ、シークレットサービス「LifeCLIPS」(ライフクリップ)もご紹介します♪

■LifeCLIPS

上司や取引先とつながりすぎたせいでFacebookにプライベートなことが書きにくい。かといって、Twitterの140文字じゃ足りないし、ブログを開設するのも面倒くさい。そんな人のために作られた「LifeCLIPS」は、ブログでもSNSでもない、文章コンテンツに特化したプラットフォームだ。投稿できるのはテキスト限定、基本機能は「足あと」と「フォロー」のみと超シンプルだ。

利用している人は……。
タイトルと本文だけのシンプルなサービス。画像の貼り付けもなく、完全に文字で勝負するスタイルです。昔書いていた、アナログの日記帳を思い出しますね。そんな気軽さが今、SNS疲れした人々にはウケているのかもしれません。

最初は楽しかったはずが、なんだか最近SNSを開くたびにストレスを感じてしまっている……。そんな人にこそ、今回紹介したようなシークレットサービスが合うのかも。早速今日から試して、ストレスフリーなSNSライフを楽しんでみてくださいね♪

(みさくらけいこっ+ノオト)

関連記事