メディア個別 アラサー女性に聞いた! どうしても苦手な「嫌われ女子」の特徴 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
アラサー女性に聞いた! どうしても苦手な「嫌われ女子」の特徴

アラサー女性に聞いた! どうしても苦手な「嫌われ女子」の特徴

たくさんの人たちとコミュニケーションを取っていけば、それなりにいろ色んなタイプの人への免疫ができるもの。大人になった今は、昔受け流せなかった嫌な人へのスルースキルも身について付いているのでは?

とはいっても、どうしても苦手な人っていたりしますよね……。そこでALICEY編集部が、大人になっても未だに苦手な「嫌われ女子」の特徴を、アラサー女性に聞いてみました。先輩または同僚の意見として、参考にしてみて!

■どこまでも打算的なサエコ女子

「ドラマ『失恋ショコラティエ』で石原さとみが演じたサエコのような、どこまでも打算的な女子。女にも男にも媚を売りまくり、絶対裏があるのに誰にも裏を見せることなく、ずっと取り繕ったような笑顔でやり過ごしている子は絡みにくい」(29歳・自営業)
ALICEY編集部調査

確かにサエコ的女子って、どこにも本音がなくて、何を考えているのかもよくわかりませんよね。それでいて、男性ウケも抜群で、いつも悲劇のヒロインっぽいところが、同性の鼻につくのでしょう。

■デキる女風の後輩女子

「『私わかっていますから』的な態度が出ていて、気を遣えるアピールもあざといくらいしてきて、おまけに口癖は『その気持ちわかりますぅ~。○○先輩も大変なんですね』と、共感アピール。私はお前と同じ立場じゃないっつーの!」(26歳・出版)
ALICEY編集部調査

後輩としては労わっての発言なのかもしれませんが、なんか癇に障りますよね。デキる女を目指すのはいいことですが、背伸びしてしまっている感が痛々しくもあります……。

■しゃべり方が早すぎて隙を与えない/トロい喋り方でイライラさせる女子

「ガーッとまくし立てるように勢いよく話す人は、威圧感がすご過ぎて苦手。隙を与えない感じがするから、ただただ聞くだけしかできない」(27歳・医療)
「語尾を伸ばして話したり、やたらとのんびりした口調の子。なんだか軽く見える」(28歳・アパレル)
ALICEY編集部調査

どんなに性格が良くても、話し方ひとつで嫌な印象を与えてしまっているようです。

■自覚症状のない嫌味発言を連発する年下女子

「合コン時や男性がいる目の前で『先輩って何歳でしたっけ?』と笑顔で聞いてくる若い女の子」(30歳・商社)
ALICEY編集部調査

ピチピチの若い女性というわけでもなく、オバサンというわけでもない微妙な立ち位置のアラサー女性にとって、この発言はこたえるようです。

■悪意はないけど空気読めない天然女子

「取引先からもらったケーキを食べようとしたら、隣で同期が『あ~おなかすいた~なんか食べたい』と言い出した。私のケーキをくれとしか聞こえないが、本人はそういうつもりで言ったわけじゃなさそう……。タイミングが悪いというか、周りを見ていないというか、空気読めないというか……」(27歳・IT)
ALICEY編集部調査

悪意がないからこそ責めようがなく、余計にイライラしますよね。

■アドバイス好きの上から目線女子

「ただグチりたかっただけなのに、『それはね、こうしたら良かったんだよ』と、やたらとアドバイスしたがる子はイラッとする。しかも、先輩ヅラして偉そうな発言が多い」(29歳・金融)
ALICEY編集部調査

アドバイスをくれるのはうれしいですが、程々にしないと「何様!?」と思われてしまうようです。

これらの特徴に当てはまったどの女性にも言えるのは、自分のことを客観視できていないということのようですね。人の振り見て我が振り直せということで、筆者も気を付けたいところです……。

(藤田佳奈美+ノオト)


written by

藤田佳奈美
アリシー副編集長
藤田佳奈美
創作ダンスや女子ひとり飲み、七号食ダイエットなど、興味はあるけど苦手なことに果敢に立ち向かうスタンスで頑張るのがモットー。 ジャンル問わない雑食系編集ライターでもあるが、最近は若者の離婚や恋愛離れなどの男女問題や、オカメインコ愛について語らせると暑苦しくなる。 だいたいマガジンハウスにいる。だいたい隅田川沿いで飲んでる。
この記事へのご意見はこちら