メディア個別 えっ、ゆず胡椒!? ふわ甘なマシュマロトーストをアレンジ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
新緑からパワーをもらう。
えっ、ゆず胡椒!? ふわ甘なマシュマロトーストをアレンジ
バズグルメ

えっ、ゆず胡椒!? ふわ甘なマシュマロトーストをアレンジ

みなさんはマシュマロトーストという食べ物をご存知ですか?

こちらのように、厚めの食パンにバターを塗り、マシュマロを乗せたトーストです。ふわっとした口溶けと、マシュマロの甘みがトーストと相性抜群なんですよ。

実はこれ、いろいろなアレンジができるとSNSなどを中心に話題に。甘いだけじゃない、一風変わったアレンジを筆者自ら試してみました。

■チーズ

トーストと言えばチーズでしょう! ということで、まずはチーズマシュマロトーストにチャレンジ。

オーソドックスなマシュマロトーストを作る要領で、とろけるチーズを乗せて焼きました! 焼き加減が難しく、筆者の場合、チーズがとろけるころにはマシュマロが完全に溶けちゃいました。なお、すべてのアレンジがそうなのですが、マシュマロが焦げやすいので、あらかじめパンだけを先に軽くトーストしておくとGOODです! また大きめのマシュマロの場合は半分にカットして使ってくださいね。

さて、肝心のお味はと言うと、甘いマシュマロトーストにチーズの塩気がプラスされて、甘じょっぱさがおいしい♪ ずっと甘みが続くマシュマロトーストに、ほんの少しアクセントが欲しい時にチーズをプラスするアレンジはおすすめ。

■梅干し

では、甘酸っぱいマシュマロトーストは、どうでしょう?

まず梅干しをつぶします。そしてバターの代わりに梅干しを塗り、マシュマロを乗せて焼き、最後にはちみつを少し掛けて完成です。

見た目は悪くないけれど、果たして仕上がりは……?

うっ……これは賛否両論ありそうな味わい。梅干しとマシュマロの相性は良い感じ。酸っぱい梅干しが、マシュマロとはちみつの甘みで緩和されて、甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。ただ、トーストと甘酸っぱさが合うかと言えば……筆者的には、NOかな……。

でもマーマレードジャムやレモンジャムといったような、爽やかな酸味のあるジャムが大好きな人には、梅マシュマロトーストもヒットするかも!? 好みに合いそうならばぜひチャレンジしてみて。

■ゆず胡椒

甘じょっぱい、甘酸っぱい、の次は「甘辛い」にチャレンジ。

バターの上にゆず胡椒を塗ります。甘みを足すために、マシュマロと小さくカットしたチョコレートを乗せてトースターで焼きます。

むむっ……。チョコレートとマシュマロの甘みの中に、ゆず胡椒のピリ辛風味が混ざって、不思議な味わいです。相性が良いかと言えば微妙。ゆず胡椒の味の主張が強く、全体のバランスはあまり良くありませんでした。

でもおいしくないわけではなく、この味不思議だなあと思っている間に完食。ゆず胡椒好きなら、試してみる価値あるアレンジかも?

■柿ピー

最後に挑戦したのは柿ピー。ピリ辛なのはゆず胡椒と同じですが、ピーナッツで緩和してくれるのでは!? と期待を込めて挑戦です。

バターの上に柿ピーを並べ、さらにマシュマロを乗せて焼きます。

今回は固形のチョコではなくチョコソースを掛けました。

これはおいしいかも……!! チョコとマシュマロとトーストの相性が良いのは言うまでもなく、主張しすぎない柿の種のピリ辛具合と、チョコと相性抜群のピーナッツの効果で、全体的にまとまりのある味になっていました。時々サクサクとした食感があるのも楽しい。


甘いだけじゃなく、しょっぱさや辛さがプラスされることで、お食事トーストとしての幅も広がるマシュマロトースト。あなたもいろいろなアレンジに挑戦してみてはいかが?

(伊東ししゃも+ノオト)