優男から◯◯男へ!? 母国に帰った韓国人彼氏の変わり果てた姿

優男から◯◯男へ!? 母国に帰った韓国人彼氏の変わり果てた姿

【世界婚活こぼれ話vol.05】
【前回までのお話】
ずっと片思いばかりで、恋が実らない私。生活に嫌気がさしたある日、仕事を辞めて思い切ってN.Y.で遊学することにしました。そこで暮らしていくうちに、なんと私にも初めて彼氏ができたのです!

しかし、初めてのお付き合い……けんかも多く、うまくいかない日々にモヤモヤしていると、なんと彼のビザが切れてしまい、彼は母国の韓国へと戻ってしまったのです。

**

前回に引き続き、ニューヨークの英語語学学校のクラスメイトだった、韓国人の彼の話です。出会って3ヶ月もしないうちに、彼は韓国に帰ることになってしまいました。

付き合い始めてもケンカが多くて「何か違うかも……」と思っていたにも関わらず、人生初めての彼氏。いきなりの遠距離恋愛に「さみしい!」という気持ちばかりが募ってしまったのでした。

離ればなれになってから、毎日彼のことで頭がいっぱいに。ついに我慢できなくなって、親にお金を借り、彼のいる韓国へ会いに行くことになりました。

しかし韓国に行ってみると、彼が明らかに変化していることに気が付いたのです。
まず、すごく太っていたことです。これは、彼が久々の帰国で恋しかった韓国料理を毎日たらふく食べているからのようでした。……にしても、10キロ近くは増量していてまったく別人のようで、ショックは大きかったです……。

次に、彼が変わったなと思ったこと、それは外見だけでなく、やさしかった中身も変わって「マッチョ化」……男性優位な考えになっていたことでした。

私は彼の実家に滞在させてもらっていたのですが、滞在して数日後、彼は私にこう言ってきました。

「僕の元カノは、僕の部屋をいつも掃除してくれてた。だからお前も掃除してくれ」

私は「はぁ? 何言い出してるのこいつ!?」という気持ちと「こんな人じゃなかったはずなのに……」という無気力に襲われました。

どうして私が掃除を『元彼女がやっていたからといって』しなければいけないの? という疑問からです。

もちろん大ゲンカ勃発。

ニューヨークからはるばる韓国まで彼に会いに来たのに、またケンカのたえない日々が続きました。

そして他にも、この滞在で付いていけないと感じてしまったことが、彼のこと以外にもいろいろとあったのです。



<プロフィール>
中村 綾花(なかむら・あやか)
ラブジャーナリスト/ライター。1980年生まれ。福岡県出身。2010年、「世界婚活」プロジェクトを始動。世界各国の恋愛や結婚事情を取材しながら自身の婚活を行い、2012年晴れてフランス人と結婚。現在はパリにてLOVEを調査&発信中。

関連記事