春のイメチェンは前髪から! 美容師に聞いた「4つの前髪」長所と短所

春のイメチェンは前髪から! 美容師に聞いた「4つの前髪」長所と短所

春は新しい自分に出会っちゃお♪
春は心機一転、髪型を変えてイメチェンしてみたい季節ですよね。

この時知っておきたいのが、「前髪」の重要性! ロング、ショート、ボブなど、全体の髪型に意識が向きがちですが、実は前髪の作り方でその人の印象はかなり変わります。
「前髪は顔の面積に関係するので、顔の見え方を決定する最も重要な部分です。逆に言えば、髪型そのものを変えなくても、前髪を変えるだけで大きくイメチェンできてしまうんですよ」と話すのは、人気美容室Laurea hair design(ラウレアヘアデザイン) 綱島店の店長、原田隆一さん。

今回は原田さんに、代表的な前髪『ぱっつん』『流しバング』『ショートバング』『センターパート』の4つについて、それぞれのイメージや特徴を教えてもらいました。

■ぱっつん

同じ長さに切り揃えられた「ぱっつん」は、キュートで女の子らしいイメージを作ってくれます。前髪が目を囲むことで目力アップの効果も。また、長さをまっすぐに揃えてぱっつん度を強くするとキュートなイメージからは一転、クールでちょっとミステリアスなモード系にもなれちゃいます。

横幅を強調する効果があるので、小顔に見せたい人や丸顔の人にはあまりオススメできません。

■流しバング

ふわっと流れる「流しバング」はこの4つの前髪の中でダントツのフェミニンさ。目元近くにある前髪の丸みが、やさしくやわらかい印象を作ってくれます。

女性らしさが際立つので、アイドルの前髪は「流しバング」がとっても多いんだそう! 右流しは女の子らしさ、左流しは大人っぽさをアップさせる効果があるので、目的に合わせて使い分けてみましょう♪

どんな輪郭にも似合う万能前髪ですが、髪質の制限が大きいので要注意。ストレートやクセの強い髪質だと、毎朝コテとの格闘が必須になってしまいます。

■ショートバング

眉毛の上でカットされた短い前髪は子どものようなあどけなさとかわいさを醸し出し、フレッシュな印象になれちゃいます。ニット帽はもちろん、春になると活躍するハットとの相性も抜群。特に、木下優樹菜さんや佐々木希さんなど、オシャレモデルの「ベビーバング」(薄くしてふわっと軽さを出したショートバング)は人気急上昇中なんだとか。

ただし、若々しさ溢れる前髪ゆえ、かなり人を選ぶ前髪です。人によっては若作りと思われてしまうので、よ~く見極めて!

■センターパート

前髪がサイドの髪と同化した「センターパート」は、大人っぽく見せたい人にはもってこい。落ち着いた印象、かつ大人の女性の華やかさを演出できます。髪をかき上げる仕草にグッとくる男性は少なくありません! 朝のお手入れも簡単なので、ズボラさんにぴったりです。

ただし、大人っぽさが強いため、一歩間違うと老け顔、疲れ顔に見られてしまうリスクも……。クールさも強いので、釣り目の人はきつい印象を持たれてしまうかも。

「顔の輪郭や髪質、髪色、額の広さや年齢などによって、似合う前髪の種類は異なります。まずは自分をよく知ることが大切。前髪のタイプによっては毎朝コテで巻く必要があったり、すぐに伸びてしまったりするなど、メンテナンスに手間がかかる場合もあります。美容師としっかり相談してみてください」(原田さん)

前髪を変えるだけで気軽にイメチェンできるのはうれしいかぎり♪ なりたいイメージに合った前髪を見つけて、新しい自分でこの春を迎えちゃいましょう。

(三浦あかり+ノオト)

写真提供/Laurea hair design

関連記事