逆さまにして吊るすだけ! 自宅で簡単ドライフラワー♪

逆さまにして吊るすだけ! 自宅で簡単ドライフラワー♪

部屋をおしゃれにグレードアップ☆
花束をもらった時や、花屋でお気に入りの花を買って帰った時、枯れてしまうのが名残惜しい気持ちになりませんか? そんな時にはドライフラワーにしてみてはいかがでしょう。

作り方はとっても簡単♪

日の当たらない乾燥する部屋に花を下にして吊るしておきます。10日間ぐらいで完成します。

花の種類や状態で完成までの時間は前後しますが、熱を発しているテレビや、空気が乾燥しやすいエアコンの近くは家の中でも湿度が低いスポットなので、そこに吊るすとスムーズに乾燥が進むかも。また、傷んでいない生花の方がキレイに仕上がるので、思い切って早めにドライにしてしまうのも選択肢のひとつです。

最近はドライフラワーをインテリアにするために、自宅で手作りしている人も多いようですよ。
みなさん、色んな花でトライしていますね。茎を木の洗濯バサミでつまんで吊るすのは家のインテリアにも馴染むグッドアイデア♪ 花びらのドライは、ボトルにふわっと詰めて飾っても良さそうです。

中には、こんな上級者も!
また、シリカゲルとタッパーを使った、こんな方法もあるようです!
めっちゃ簡単!!めっちゃ早い!!ドライフラワーの作り方
「のんびり待つのはツライ!」という人は、こちらを試してみても良さそうですね。

できあがったものを、どうやって飾ろうか考えるのもドライフラワー作りの楽しみ。Instagramで披露されたアレンジを見てみましょう!
ユーカリと白い窓枠の雑貨で春らしい飾りに。
色あせたバラがアンティークな雰囲気!
ガラス容器に乗せたパンジーがおしゃれ♪

ムスカリチン♥︎ #ドライ

mikiさん(@miki_com)が投稿した写真 -

小さなムスカリを瓶に詰めて、標本っぽく。
ユーカリ&ラベンダーのリース。どこかホッとしますね。


リースにしても、束ねてスワッグにしても、適度にラフでシャビーな雰囲気が出るのがドライフラワーの魅力。ドアや壁にさり気なく飾ったり、ガラス瓶に差して生花のように置いてみたりするだけで、お部屋の雰囲気が変わります。自分なりのアレンジを試しながら、ドライフラワーとの暮らしを楽しんでみてくださいね。

(古原悠+ノオト)

関連記事