理想の「彼女」はメールも完璧!? 気遣い100点のメールテクニック!

理想の「彼女」はメールも完璧!? 気遣い100点のメールテクニック!

こんなメールもらったら彼もうれしいよね
最近、恋人との連絡はLINEではなくメールでするという人が増えているそうです。なんでも「既読無視されてイライラすることがなくなる」、「ゆっくりと丁寧な返信ができて特別感が出る」などが理由なんだとか。

ということは、気になる人との連絡もメールにすれば距離が縮まるのでは? と思い、早速メールをしてみることにしました!

……が、プライベートでの連絡がほぼLINEということが災いし、何を打ったらいいかわからないという悲しい事態に(涙)。これは、プロに相談するしかない!
「メールはひと手間かけるだけで、相手が受け取る印象が大きく変わります。相手が嬉しくなる、手紙のようなメールが理想ですよね」と話すのは、「レンタル彼女TOKYO」の現役レンタル彼女、YUKIさん。相手への心遣い溢れるメールは、レンタル彼女たちが「また会いたい」と思われる理由の1つでもあるんです!

■呼び名を入れて相手との距離をグッと縮める

いきなり本題から入らず、挨拶からはじめるのが基本です。『○○さん、こんにちは』など、呼び名を入れることで『きちんと自分に向けてメールしてくれたんだな』と感じてくれます。メールをもらった場合も、『メールありがとう。○○さんからのメールうれしいな』と相手への感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

■返信をワザと遅らせて相手の気を惹くテクニックは逆効果!

主導権を握られて嬉しい男性はあまりいません。相手に対して失礼なので早目に返信しましょう。長期間返信ができなくなりそうな場合は、『仕事の都合で○日からメールが難しくなりそう』と、一報を入れておくのがベターです。メールの最後に、『夜も遅いので、お返事は明日でも構いませんからね/○○さんのペースで返信ください』と一言添えると、なお良し。

■二人の共通点、思い出を共有する

具体的な内容は、デート後であればその日の事柄(デートの思い出)を折り込んで、共有した時間を思い出すようなメールを意識しましょう。デート前やデートの約束をまだできていない相手の場合は、これまでの会話の中で出てきた「行ってみたい場所」や「やってみたいこと」をさりげなく入れるのがオススメです。メールする口実もできるうえに、相手には『話したことをちゃんと覚えていてくれた』と好感も持ってもらえます。

■質問の種類と数は、相手の都合を考慮すると◎

多くの女性がメールを続けるために語尾を『?』にしてしまいがち。同じ『?』でも、『ここは初めて行くの? /AとBならどっちがいい? 』というイエスかノー、または2択で答えられる『クローズクエッション』と、『何が食べたい? 』など自由に答えられる『オープンクエッション』では受け取った相手の負担が違います。相手の性格や都合を考慮して、適切な数の質問におさえましょう。

「他にも、読みやすさを考えて全体の文量や改行をするなど、相手の立場にたって考えるとできることはたくさんあります。直筆に比べて温かさのない電子媒介でのやり取りだからこそ、細やかな言葉遣いで人間性を表せるようなメールで特別感を出したいですよね」とYUKIさん。
最後に見せてもらったYUKIさんのメールは、思わず保存したくなるようなキュンとする完璧なメールでした……。最初は時間がかかるかもしれませんが、相手のことを考えながらメールを打つ時間ってなんだか幸せですよね♪ 気遣い溢れるメールを送って、気になるあの人の心を掴んじゃいましょう!

(三浦あかり+ノオト)

関連記事