女子が好きなものがいっぱい! フランス旅行のススメ〜パリ編〜

女子が好きなものがいっぱい! フランス旅行のススメ〜パリ編〜

花の都でパリジェンヌ気分♪
一度は行ってみたい憧れの国フランス。その中でも女子に人気が高いのは花の都こと「パリ」。そしてパリと言えば、女子が憧れる映画「アメリ」の舞台です。

石畳の道路や歴史ある赴き深い建物が立ち並ぶ街並み。フランスパンを持って優雅に歩く人、凍えそうな寒い雪の日でもオープンテラスでコーヒーを味わう人、カワイイ車に乗ってドライブしている人……と、とにかくすべてが絵になるパリ。

そこで ALICEY編集部が、パリの街を一日かけてぐるっと散策してきました!

パリの地下鉄は区間がなく、すべて料金が均一なんです。ということで、今回は切符が10枚セットになった「カルネ」を、最初に購入しました! カルネを使えば、地下鉄をよりスムーズに利用できますよ☆

それではいざ、出発!

■11:00 凱旋門

Charles de Gaulle Etoile駅 から1分くらい歩きます。すると、パリと聞いて真っ先に思い浮かぶ方も多いと思いますが、シャルル・ド・ゴール広場中央にそびえ立つエトワール凱旋門が見えます。メインスポットということで最初に行ってみました。
正面から。細かい彫刻が施された凱旋門に圧倒されます。
入場料9ユーロで、凱旋門に登ることができます。登った瞬間に目の前に広がるシャンゼリゼ通りやパリの街並に感動!

■12:00 シャンゼリゼ通り

凱旋門の次は、もちろん目の前にあるシャンゼリゼ通りへ。凱旋門からコンコルド広場まで続く、パリで最も有名な場所。高級ブランドショップをはじめ、レストランやカフェなどが立ち並びます。
雨上がりのシャンゼリゼ通り。映画に出てきそうな雰囲気ですね☆ シャンゼリゼ通りでひときわ目立つルイ・ヴィトン本社。この日も多くの観光客で混雑していました!

■13:00 ルーブル美術館

Charles de Gaulle Etoile駅に戻り、お次はPalais Royal - Musée du Louvre駅で下車。駅から徒歩すぐの、ヨーロッパで最も古く大きな美術館のひとつでもあるルーブル美術館へ。レオナルド・ダヴィンチの「モナリザ」やダヴィッドの「ナポレオン1世の戴冠式」、「ミロのビーナス」といった名作がずらり。
駅の出口からすでに人がいっぱい! 壮大な建物の外装を見に来るだけでも価値はありますよ。

■15:00 Café des Deux Moulin

Blanche駅に移動して徒歩3分程度。「アメリ」好き女子なら、このカフェは絶対外せない! 「アメリ」の劇中に登場する昔ながらのカフェに到着しました。目印はやはり、赤く目立つ外観☆
赤い外観がオシャレ☆ 一日中たくさんの人で賑わっているそうです!
アメリのポスターなどが飾られた店内。ファン必見です☆
劇中に登場する「クリームブリュレ」。濃厚な甘さと滑らかな舌触りが美味でした! アメリのようにクリームブリュレをこんこんと割って食べてみてくださいね☆

■18:00 エッフェル塔

そろそろ夜が近づいてきたので夜景スポットへ。パリの代表的なシンボルといえるエッフェル塔を目指しましょう。Bir Hakeim駅から徒歩約7分、シャン・ド・マルス公園の北西のセーヌ川沿いに位置し、高さは324mのこの塔。展望台からはパリの街並が一望できます。
ライトアップされてピカピカと光るエッフェル塔を眺めることができました!
エッフェル塔からの帰り道は、のんびりとセーヌ川沿いを歩くのがオススメです♪

■19:30 La Coupole

Vavin駅に移動して徒歩1分程度。ディナーはちょっとリッチに、ダリやピカソなどの有名な芸術家たちが通ったと言われ、20世紀初頭から地元の人たちはもちろん観光客にまで人気のブラッスリーへ。牡蠣やエビなどのシーフードや創業当初からある子羊カレーが看板メニュー。
モンパルナス大通りにあるラ・クーポール。インパクトのある外観が目印!
アールデコ調のステキな内装。とても広い店内でした! 名物の「子羊のカレー」を食べましたが、じっくり煮込んだ子羊の肉が柔らかくてジューシー。お店の雰囲気に包まれて、パリジェンヌになったような気分に♪

1日かけてじっくりと観光しましたが、歩くほどに発見がいっぱいなパリは、映画通りとってもステキな街でした。

あなたもパリに行くことがあれば、ぜひアメリになったつもりで街を優雅に散策してみては?

(青山かもめ+ノオト)

関連記事