プチ写経で心すっきり! 「鎌倉おてらCafe」に行ってみた

プチ写経で心すっきり! 「鎌倉おてらCafe」に行ってみた

一筆入魂!
仕事に恋に自分磨きに、毎日をがんばる女子のみなさん、最近ホッとする時間持てていますか? がんばっているからこそ、自分の足りないところが見えて、落ち込むこともありますよね。

女子会でにぎやかにおしゃべりしたり、デートで甘いひと時を満喫するのもいいですが、それでもどうにも心が晴れない時は、静かに自分のペースで過ごせる場所に足を運んでみてはいかがでしょう?

今回は、そんなゆっくりとした時間が過ごせるというウワサのカフェ「鎌倉おてらCafe」にお邪魔してきました。

鎌倉駅から徒歩5分ほど、鶴岡八幡宮へと続く若宮大路沿いに「鎌倉おてらCafe」はあります。ビルの2階ですが、こんな風に看板が出ているので、初めてでもすぐにわかりました♪
階段を上がって店内へと足を踏み入れると、静かなジャズが流れる空間に、ほのかにただようお香の香り。マスターで僧侶の岩崎俊文さんがにこやかに迎えてくださいました。こちらは横須賀にある浄土真宗(真宗大谷派)のお寺・浄榮寺が営んでいるカフェで、鎌倉における浄土真宗のアンテナショップのような場所になったらという思いから、1年半ほど前に開かれました。
通りに面した大きな窓から光が入り、明るい雰囲気の店内。
阿弥陀様もいらっしゃいます。
宗派の本山である東本願寺の屋根瓦も飾られていて、“お寺のカフェ”という感じがしますね。

訪れる人も、お寺の雰囲気を目当てに来店しているのかと思いきや、意外にも「お寺が経営しているカフェということをご存じの方のほうが少ないんじゃないかと思います」と岩崎さんは話します。みなさんゆっくりと思い思いの時間を過ごされるそうです。

「お客さまから何かご質問があればお答えしますが、こちらからお声かけして勝手にお説教を始めるなんてことはありませんので、ご安心ください(笑)」

いえいえそんな。ぜひお話をうかがいたいです! ということで、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の教えについて、少しだけ教えていただきました。

「浄土真宗では、実は“修行”というものをしません。親鸞聖人は20年以上の修行の末、悟りきれずに『自分はダメな人間だ……』と山を降りられた方なので。日常の生活をしながら、自分の愚かさを受けとめて向き合い、その上で“人生”や“生きるということ”を見つめようという立場です。『3歩進んだと思ったら、2歩下がったなぁ』と反省をしながら、日々の経験を糧にしていきます。“修行”という言葉こそ使いませんが、毎日が“修行”のようなものかもしれませんね」

このお話を聞き、ことあるごとに自分のダメさ加減に凹んでいる筆者は、ちょっと心が軽くなりました。そうですよね。己のダメダメぶりを認めながら、こつこつと日々を送る――それでいいのかも。

さて、気持ちも穏やかになれたところで、目的の「プチ写経」へ。この体験メニューを取り入れたのは、「お経の言葉に触れていただき、何も考えずに文字と向き合ってもらうため」なのだそう。深呼吸をして臨みます。
今回写経するのは、20文字ほどの「回向文(えこうもん)」。道具一式を貸していただき、合掌して経文を黙読したなら、まずは墨を擦るところから。
習字をするのが中学生以来なので、どうにも手つきがおぼつかない……。でも集中、集中! 早速書いてみます。
薄い文字の上をなぞりながら、1文字ずつ丁寧に。ヘタなりに一生懸命です。
できました!

正直なところ、筆を手にするのが久々すぎて無心になるのは難しかったですが、文字の意味をじっくりと噛みしめながら向かい合えたので、すっきりした心持ちになれましたよ。できあがりは記念に持ち帰っても良し、お寺に納めてもらうも良し。筆者は後者でお願いしました。

写経のあとは、コーヒーか紅茶をいただきながら、ホッと一息。先ほど書いた回向文の意味や、最近のお寺の屋根瓦事情など、さまざまなお話を興味深く伺ううちに、ついつい長居をしてしまいました。

岩崎さんは「坊主の話は長いので」と笑っていらっしゃいましたが、やはり説いて聞かせるのが仕事ということもあり、とにかく話がおもしろい! 良い体験ができました。

鎌倉おてらCafeでは、毎月第3水曜日に「ブランチ法話会」を開催。こちらの会では、時事ネタなどを交えながら、仏教の教えから生活のヒントになりそうなエピソードをお話しされているとのことで、仏教ビギナーの方の参加も多いそうですよ。

悩めるがんばり屋女子のみなさん。心がしぼんだ時には、鎌倉おてらCafeを訪ねてみてはいかが?

<店舗情報>
鎌倉おてらCafe
神奈川県鎌倉市小町2-12-35 若宮大路ビル2F
TEL:0467-25-6588
営業時間 11:00〜19:00
料金 プチ写経(コーヒー or 紅茶付き) 1,000円(税込)
無休(臨時休業あり)


(古原悠+ノオト)

関連記事