ジャズで口ゲンカ!?  アメリカ人映像作家のネタが奇抜すぎる!

ジャズで口ゲンカ!? アメリカ人映像作家のネタが奇抜すぎる!

よくこんな動きできるな……
近頃、ネットでは個性的な自主制作動画をYouTubeに投稿し、その広告収入で生活をする「YouTuber」が何かと話題を呼んでいます。YouTubeの本場、アメリカにもキャラクターの濃いフィルムメイカーがいました。それがこの人!
Jazz Dispute
この男性は、俳優兼フィルムメイカー、ジェレミア・マクドナルドさん。ジャズの音色に合わせて、画面の中を縦横無尽に動き回る姿は、まるでサックスとトランペットが口ゲンカをしているかのよう!

2006年からYouTubeへの動画投稿をはじめ、2012年に発表した12歳の自分と会話をする動画「A Conversation With My 12 Year Old Self: 20th Anniversary Edition」で大ブレイク。なんと当時12歳だったジェレミアさんは、いつか未来の自分と話してみたいと思い、あらかじめ質問事項をビデオ録画していたんだとか。その驚愕の動画がコチラ。
A Conversation With My 12 Year Old Self: 20th Anniversary Editio
12歳のころと現在のジェレミアさんの会話によると、子どものころはアニメーターになりたかったそうですが、現在の本人いわく「怠けて」映画製作の道へ。けれども、子どものころの遊び心は、たしかに現在のジェレミアさんの中へと受け継がれていたようですね!

(目良シンジ+ノオト)

関連記事