ネバネバ食べて元気だそ!夏バテを吹き飛ばすオクラ・長いもレシピまとめ

ネバネバ食べて元気だそ!夏バテを吹き飛ばすオクラ・長いもレシピまとめ

暑い日が続き、夏のイベントにも参加していると、そろそろ疲れがたまる頃。そんな時には、疲労回復や免疫力UPに役立つネバネバ食材がおすすめです! 今回は、夏バテ防止に積極的にとりたい、オクラや長芋を使ったレシピをご紹介します。

 

混ぜてご飯にのっけるだけのスピードメニュー、ばくだん丼

暑い日にちゃちゃっと作れて大助かりのスピードメニュー「ばくだん丼」。ネバネバ野菜、まぐろ、納豆、パルミジャーノチーズを混ぜてご飯にのせれば完成です。さっぱりとした味わいの中で、チーズのコクが絶妙なアクセントに!

●詳しいレシピはこちら
「ころころパルミジャーノのばくだん丼」

 

ネバネバ野菜たっぷりの山形だし風そうめん

刻んだ夏野菜を昆布などと和える山形の郷土料理「だし」をアレンジした、そうめんメニューです。きゅうり、長いも、オクラをたっぷり刻み、だし汁などと混ぜてそうめんにのせていただきます。みょうがや大葉を加えても、爽やかで美味しい!

●詳しいレシピはこちら
「夏野菜たっぷり!山形だし風そうめん」

 

長芋とオクラを肉巻きにした簡単&ボリュームおかず

棒状に切った長芋とオクラを鶏ひき肉の肉だねで包み、レンジで加熱。仕上げにフライパンで焼き色をつけ、輪切りにしていただきます。レンジを利用するので時短&焼き加減に悩むこともナシ。長いものホクホク感とオクラの食感が楽しめる、ボリュームおかずが完成です。

●詳しいレシピはこちら
「ねばねば野菜の挽き肉巻き」

 

夏のおもてなしにもぴったり!魚介と夏野菜の寒天寄せ

魚介と夏野菜を白だし仕立ての寒天寄せに。小鍋に粉寒天、水、白だしなどを煮立てて、溶き卵を加えてかきたま状に。火を通したえびとほたて、オクラ、長いも、みょうがを混ぜ入れ、ガラスカップに流し入れて冷やし固めます。具だくさんで、まるで宝石箱のような出来栄えはおもてなしにもぴったり!

●詳しいレシピはこちら
「魚介と夏野菜の白だし寒天寄せ」

 

ひんやり美味しい、オクラと長いもの冷製茶碗蒸し

オクラと長いもを冷製の茶碗蒸しに。鶏ガラスープで中華テイストに仕上げ、生姜が効いたあんをかけていただきます。美味しさのポイントは、蒸す際に弱火でゆっくり火を通すこと。ぷるぷるでなめらなか舌触りとシャッキリした野菜の食感が、夏バテを吹き飛ばしてくれるはず!

●詳しいレシピはこちら
「オクラと長芋の冷製あんかけ茶碗蒸し」

 

あと一品ほしいときに便利な、ネバネバ野菜のサブおかず

長いも、オクラを切って、納豆、ごま油、しょうゆ、塩と和えるだけ! 火を使わないので暑い日もストレスフリーで調理できます。ネバネバ食材の栄養がたっぷりとれて、夏バテ、夏風邪の予防にもよさそう♩ そのまま小鉢に盛っていただくのはもちろん、ご飯にのせても美味です。

●詳しいレシピはこちら
「免疫力UP!ネバネバ3色和え」

 

冷凍したオクラと長いもを使った、冷たい簡単アイデアレシピ

冷凍保存した長いもを凍ったまますりおろすアイデアレシピ。同じく冷凍のオクラはそのままめんつゆに漬け込むことで、解凍と味付けを同時に完了。オクラを器に盛り、長いもをかければ完成です。おろしたての長いもは雪のようなフワフワの食感♩ 時間とともに滑らかになる変化が楽しめます。

●詳しいレシピはこちら
「冷凍長いものふわふわ雪おろし〜オクラのお浸し〜」



夏を思いっきり楽しむためには、しっかり栄養をとることが大切! ネバネバメニューのレパートリーを増やして、美味しく&楽しく夏を乗り切りましょう♪



こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
夏バテ防止に食べたい元気野菜 オクラの下処理とゆで方
これぞ大人の楽しみ♡おつまみにもピッタリな「大葉」「みょうが」をたっぷり使ったレシピ8選

関連記事