目力で恋を引き寄せ! 最旬モテメイクをレクチャー「アイメイク」編 

目力で恋を引き寄せ! 最旬モテメイクをレクチャー「アイメイク」編 

【脱・恋愛オンチのコツVol.5】
前回のコラムでは、恋コスメを使った「ベースメイク・眉メイク」についての話をしました。今回は、アイメイクについてレクチャーします。

多くの人が、メイクをしていて楽しいのはアイメイクではないでしょうか? ベーシックにアイシャドウ、アイライン、マスカラをするだけでもかなり顔が変わるので、調子に乗ってうっかりやりすぎてしまうこともあるかも……。

とはいえ、モテメイクの基本は「コンサバ」「ナチュラル」「やりすぎない」ですので一つひとつの工程を、程良く丁寧にこなしていきましょう!

■定番のブラウンメイクで、あなたも美人顔!?

最近のアイメイクは、明るい色のアイシャドウでまぶたをトーンアップしてから、少し濃いアイシャドウ重ね、アイラインもペンシルで根元だけ、リキッドのラインは目尻にだけ、というラフな仕上がりが◎。やりすぎない方が「もともと美人感」が演出できます。ブラウン系はどんな人にも馴染みが良いのでオススメ。
■最旬モテ色は「オレンジ」「ボルドー」

でも、いつもと違うと思わせたい! ブラウン以外でデカ目効果を狙いたい! という人にオススメしたいカラーがあります。それは、ここ2年ほどで主流になってきた「オレンジ」と「ボルドー」。

ただし、色付きのメイクはデートや好きな人に会う日などにいきなり本番にトライせず、何回か事前に練習しておきましょう! できれば友だちに会う日などにチェックしてもらうと、なお良し◎。

■アイラインとマスカラはどう付ける?

■アイラインとマスカラはどう付ける?

アイシャドウのあとの手順は、ビューラー→アイライン→マスカラです。ビューラーでアイシャドウが取れやすい人はアイシャドウ前にビューラーをしても大丈夫です。

まつげを根元からしっかり上げるカールより、角度がつきすぎていない自然なカールの方が今っぽいので、マスカラだけでまつげが立ち上がる人はビューラーなしでもOK! ただし、まぶたが腫れぼったい人、まつげが直毛で強い人、すぐにカールが落ちやすい人などは朝、前もって角度をきつめに根元からまつげを立ち上げた方が、時間が経って少し下がってきた時にちょうど良くなりますよ。

次にアイライン。オススメは、ペンシルタイプでブラウンのアイラインです。ぶきっちょさんでもそれなりになりますし、目元がきつくなりすぎる心配がありません。

ポイントは、基本的にまつげの根元のみと目尻を2~3mm少しはみ出た位置くらいまで引くこと。二重幅が広い人は根元だけでなく、線一本分だけ足してみても◎。

アイラインを太く引かないとまぶたに覆われてしまうという人は、目尻にだけアイラインを描き、濃い色(締め色)のアイシャドウをチップや細いブラシにとりアイライン代わりに太く入れ、ぼかすとナチュラルに仕上がります。

マスカラは、ボリュームを出すよりセパレートタイプでまつげをキレイに見せた方が美人度UP! ブラウンタイプで目元を優しく見せるのもあり、ツヤ系のブラックマスカラでツヤツヤにするも良しです◎。

ちなみに、マスカラのツヤは時間とともになくなりやすいので家を出る時は一度塗りだけして、人に会う直前でもう一度塗り足すテクニックも! ただし、下まつげに塗りすぎるとちょっと古い顔になりやすいので自まつ毛に合わせて調整してくださいね。
次回は、アイメイクよりは派手さはないけれど、意外に重要なチークとリップメイク編をお届けします!

(カマンベール☆はる坊+ノオト)

関連記事