ひんやり夏にぴったり! 冷凍ランチパックを食べてみた

ひんやり夏にぴったり! 冷凍ランチパックを食べてみた

スイーツみたい☆
コンビニやスーパーで買えて、手軽に食べられるランチパック。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、今回は夏にぴったりな食べ方をご紹介します。その名も「冷凍ランチパック」!
用意したランチパックはこちら。定番のピーナッツ、関東圏で発売されている湘南ゴールド&レアチーズ風味クリーム、そしてサーティワンアイスクリームとコラボしたベリーベリーストロベリー風の3種類です。これをそのまま冷凍庫に入れるだけ。

■ベリーベリーストロベリー風

まずは「ベリーベリーストロベリー風」から。これはおいしい!!! もともとサーティワンのアイスのフレーバーをイメージしたということもあり、凍らせて食べるのにぴったりです。ベリーの香りとミルクのコクの味わいは文句なしのおいしさ。冷凍庫から出したら1~2分おいて、食パン部分が柔らかくなってからが食べごろですよ。

■ピーナッツ

次はピーナッツクリーム。こちらは、筆者的にはちょっとイマイチ。凍らせることで、ピーナツクリームのまろやかなおいしさが半減してしまったような気がします。ひんやりとしたピーナツクリームが食べたい時は、冷蔵庫で冷やすぐらいがちょうど良いですね。

■湘南ゴールド&レアチーズ風味クリーム

黄色いゼリーが美しい湘南ゴールド&レアチーズ風味クリーム。こちらは◎! ほどよい酸味が引き立っていて、まるでカフェで出てくるスイーツのよう。このフレーバーは、神奈川県で栽培されている「湘南ゴールド」という柑橘類を使用しており、販売は関東圏のみ。他にもご当地ランチパックとして、その土地ならではの名産品を使ったランチパックが発売されているので、好みの味があったら試してみてくださいね。

冷凍庫に入れるだけで、いつもと違う味わいを楽しめる冷凍ランチパック。朝食にしたら、朝から暑い日でも頑張れそうです。紹介したサーティーワンコラボの「ベリーベリーストロベリー風」は9月30日までの限定発売。要チェックですよ♪

(田中いつき+ノオト)

関連記事