【コンビニ比較】カフェラテを飲み比べてみた

【コンビニ比較】カフェラテを飲み比べてみた

意外と違いがはっきり!
1日に1回は入ってしまう便利なコンビニ。最近では各コンビニのオリジナル商品もたくさん発売されるようになりました。
同じ商品で違いがそんなにあるのか、それぞれ何が違うのか、ちょっと気になりませんか? 今回はコンビニオリジナルのカフェラテに注目。飲み比べてみましたよ。

■セブンイレブン

生乳を50%以上使用し、香料不使用。添加物が少なめで、家で入れたカフェラテに近いかも?240ml入り税込136円でした。1本分のカロリーは164kcalです。

飲んだ印象は甘い! 比較したカフェラテの中では一番の甘さでした。でも、苦味もあり、コーヒー感はしっかりあります。重めの飲み口が好みの方におすすめ。ちなみに300 ml入り税込170円の商品もあります。

■ミニストップ

ちょっと多めの270ml入りで税込み178円のミニストップ。ミルク感がうすく、すっきりした印象。さらに砂糖不使用でアセスルファムなどの人口甘味料を使用しているので、98kcalと低カロリーになっています。

直火焙煎したコーヒー豆を使用とのことで、コーヒーの風味はちゃんとあります。ゴクゴク飲みたい時には、こちらがオススメ!

■ファミリーマート

240ml入り税込135円だったファミリーマート。1本分のカロリーは175kcalと、今回の比較では一番の高カロリー。

ドトールと共同開発したというカフェラテのお味はミルク感がたっぷりで、ミルクをたっぷりかけたコーヒーゼリーを思い起こさせるリッチな飲み口です。その代わりにカロリーが高めなんですね。スイーツ感覚で飲みたい一品です。

■番外編:ローソン

ローソンにはカフェラテはありませんがが、カフェオレが売っていますよ。カフェオレはミルク分が50%以下なのですが、50%以上使っているカフェラテとあまり変わらないミルク感。甘味とコーヒー、ミルクのバランスが良かったです。240mlで税込み136円です。


というわけで「ミルクのファミマ、甘さのセブン、スッキリゴクゴクミニストップ」と覚えてください(笑)。各社ともスタンダードなカフェラテ以外に、ノンシュガーやクリーミーなどのアレンジが多数ありました。いろいろと飲み比べて、シーンごとにお気に入りの1本を見つけてみてはいかがでしょうか?

(田中いつき+ノオト)

関連記事