寒くなると現われる⁉ モフモフの「ニャンモナイト」がネットで話題

寒くなると現われる⁉ モフモフの「ニャンモナイト」がネットで話題

まんまるモフモフ(*´Д`)
寒い時期になると現われる生物、「ニャンモナイト」がネットを中心に話題を呼んでいます。太古の昔、海の中に生息していた、渦巻き状の固い殻を持つ……のではなく、現代のごく普通の一般家庭の居間やお布団の上に生息するモフモフな生き物なんだとか。

その貴重な姿を捉えたツイートがこちら!
まぁ、見事なまんまる具合。そう、「ニャンモナイト」とは「アンモナイト」のように丸まって眠る猫のことなんです。Twitterを中心にネット上で話題となり、今では我が家の「ニャンモナイト」発掘報告が多数ツイートされています。
なんと、「ワンモナイト」の姿も(笑)。

猫が丸くなって眠るのには2つの条件が必要です。1つ目は寒いこと。手足を縮めて表面積を小さくすることで熱の放散が少なくなり、ぬくぬくと眠ることができます。

2つ目に、安心できる環境であること。丸くなった姿勢は、いざというときにすぐに逃げることができない無防備な状態です。丸くなって眠るのは、猫にとって、とても安心できる場所です。邪魔せず、そっと寝かせておきましょう。 

どうやら「ニャンモナイト」が現れるのは、ただ寒いだけじゃなくて、猫たちがとっても安心して眠っている証拠なようです。そう考えると、寝ている姿も一層かわいく思えませんか?

もし「ニャンモナイト」を見かけたら、優しく見守って、起きたらいっぱいかわいがってあげてくださいね!


(目良シンジ+ノオト)

関連記事