もう失敗しない! 美容師に聞く、正しい眉のお手入れ方法

もう失敗しない! 美容師に聞く、正しい眉のお手入れ方法

眉カットうまくできてる?
最近では「ナチュラル眉」が主流になってきてはいますが、眉のお手入れは女子の身だしなみの一つ。そんな眉カットが「イマイチうまくいかない……」と悩んでいるのは筆者だけでしょうか。

そこで、今更ではありますが、正しい眉カットのやり方を美容師さんにレクチャーしてもらいました。自己流でやってる! という人も、この機会に今一度眉カットのやり方を見直してみてはいかがでしょう?

■まずは眉の形を決める!

今回協力してくれたのは、自由が丘にある美容室「Beach」熊谷千佳さん。

眉カットをする前に、まずは眉の形を決めていきます。

眉尻は目の端と口の端の延長線上をとります。アイブロウライナーで印をつけておいてもいいかも。
眉山は、瞳の真ん中と小鼻の延長線上が綺麗だと言われているそう。
眉の形が決まったら、その形に合わせて眉のまわりの毛を剃っていきます。

電動カミソリが使いやすくて肌を傷つけないのでオススメなんですって。

眉の上側は基本的に剃りすぎないようにします。細くしたい時は下側で調節してください。
あとは、眉本体にコームを当て、はみ出た部分をハサミでカットしていきます。

女子はカットしすぎても、メイクで書けばいいのでそこまで切りすぎを怖がらなくてもいいそう。

最近は眉山をしっかりと作るよりは、眉山から眉尻までまっすぐな「直線眉」が可愛い眉にするコツです。眉山から眉尻にかけて角度をつけすぎないように。

■実際にやってみました!

1か月以上放置したボサボサの眉毛です。形も三角でなんだか田舎っぽい……。
まずは眉山と眉頭の位置を決めます。位置がわからなくなってしまう人は、アイブロウライナーやアイラーナーで印をつけましょう。
眉の形を決めたら、いらない部分を剃っていきます。細さを出したい時は、下側で調節。

まつ毛まで剃らないよう注意してください。
次に、コームからはみ出た部分をハサミでカットしていきます。

普通のコームでも事足りますが、眉用のコームがあると便利ですね。
完成です!

三角形だったボサボサの眉が、すっきりとしたナチュラル眉になりました。

■眉カットのポイントおさらい

☆眉の形を決めてからカットを始める
☆細さを出したい時は、眉の下側で調節(細くしすぎ注意!)
☆カットしすぎてもメイクで書けばいいので、恐れずに
☆最近では眉山から眉頭に向かって角度を出さない「直線眉」が可愛い
今まで、なんとなくやってきた眉カットも、正しい手順を守れば簡単で失敗も少なくなります。皆さんも是非、今一度自分の眉のお手入れ方法を見直してみてくださいね。

(彩香+どてらい堂)

関連記事