猫まみれ!?  島民約15人と猫が100匹以上暮らす島こと“青島”が気になる

猫まみれ!?  島民約15人と猫が100匹以上暮らす島こと“青島”が気になる

たまらんニャ〜(=^・ω・^=)
猫好きにはたまらない“猫島”こと愛媛県の「青島」。島民15人(2013年時点)ほどに対して猫が100匹以上暮らす島で、“猫の楽園”とも呼ばれています。さまざまなテレビ番組やネットで取り上げられ、さらに人気が出ているようですね。

さっそく、青島に行った方のTwitterやInstagramをチェック!

夕陽を見つめる猫たち。

ジルさん(@jill44d)が投稿した写真 -

みぃーーーーーーっけ♡♡♡

*KAORI*さん(@snowdrop419)が投稿した写真 -

か、かわいい!! 写真を見るだけで癒されますね☆

行った方のレポートもネットに上がっています。

久しぶりの船に酔ってしまい、船の中で寝ているうちに青島へ到着。下船してみると…そこはもう猫だらけ。どこ見ても猫!猫、猫、猫!島中に猫が溢れている!

たとえば、ひとたび「ニャーッ!!」と、どこかで喧嘩が始まれば、どこからともなくスーパーダッシュで集まってくる。若いニャンコは好奇心いっぱい。完全に野次馬になっている。また喧嘩に刺激を受けてか、野次馬同士で突然争い始めたりと大忙し。こちらの好奇心も刺激されてしまうぞ。
また肌寒い日み見られる「猫まんじゅう」も可愛い! このモッフリ感は数がいて初めて見られるものである。

たくさんの猫が一緒に暮らしているというだけでも魅力的なのに、自然体で生活している猫たちの普段とは違った表情や行動が楽しめるのは、青島ならでは!

■気になるのが青島への行き方!

最寄りの駅はJR伊予長浜駅。そこから歩いて徒歩約2分の長浜港あおしま乗船場でチケットを買いましょう。

大人は片道680円、往復1,360円。6歳以上12歳未満の子どもは半額です。

船は1日2便のみ。長浜港発が午前8時と14時半で、乗船時間は約35分。
また、天候によって当日欠航の可能性あり。そして乗船者が定員に達すると乗ることができないのでこちらも注意。

青島港発の便は8時45分と16時15分なので、16時15分の便を逃さないようにしましょう。

こちらは2015年1月1日現在までの情報なので、変更についてはサイトをチェックしてください。

■島へ遊びに行く際の注意点は?

青島は観光地ではないため、宿泊施設やコンビニ、自動販売機もないそうです。飲み物や食べ物はあらかじめ持って行き、自分の出したゴミは持ち帰るなど、最低限のマナーを守りましょう。

また、猫の健康面を考えて、基本エサやりは禁止。どうしてもエサをあげたい場合は、指定された場所のみであげましょう。


猫好きにはたまらなくパラダイスなことうけ合いの青島。島のルールやマナーに沿って、猫ライフを存分に満喫してみてくださいね♪

(青山かもめ+ノオト)

関連記事