コンプレックスと闘え! 長年の悩み「ほうれい線」に挑んでみた

コンプレックスと闘え! 長年の悩み「ほうれい線」に挑んでみた

【キシダチカのアコガレーヌライフvol.1】
はじめまして、キシダチカと申します。
美脚に憧れる精「アコガレーヌ」というキャラを中心に、女子のコンプレックスに関するイラストや似顔絵を描いています。詳しくは関連リンクからTwitterをチェックしていただけますと幸いです!

■幼い頃から、ほうれい線がコンプレックス

私は昔からほうれい線が目立つことが悩みで、いつも完成した卒業アルバムを見てはギョッとしていました。

時間をかけてメイクを完璧にしても、ほうれい線が邪魔をする……!

ただでさえ私は、鼻の下が長く、歯茎も全開という顔面の南半球にコンプレックスが大集合しているのに、これでもかとアピールしてくるほうれい線。

マスクをすれば取った後にファンデーションがほうれい線の溝(?)に入ってクッキリしてしまい、美肌アプリを使っても消えない。フォトショを使って消すと明らかに別人になる。

もはやほうれい線は、自画像に描かないと自分と認識できないくらい大事な存在になっていたのです。

■それでも薄くできるものなら薄くしたい

そんなことをなんとなく考えていたある日、母があるフェイスクリームを買ってきました。なんでも、気になるしわを伸ばした状態で塗ると、そのまま固定されるという画期的なアイテムでした。
50歳過ぎの母が試すと、確かに薄くなってる〜〜!!!

すごい。これで私もほうれい線ライフとオサラバできるのね……!

次にほうれい線に会うのはもっと年を重ねてからよ〜〜! とルンルンで使ってみたところ……
24年間を共に生きてきたほうれい線は、これでもかと存在を見せつけてくれたのでした。

その後も、さまざまなフェイスクリームやマッサージを試してみるも、ほうれい線はビクともしないのでした。

消えないものは仕方ない! これからもよろしく、ほうれい線!

(キシダチカ+ノオト)

関連記事