女性のどこにキュンとくる? 男の本音を街頭インタビュー!

女性のどこにキュンとくる? 男の本音を街頭インタビュー!

意中の女性へのアプローチ法が明らかに!
新緑がきらめく季節は足早にすぎ、分厚い雨雲が空をおおう今日この頃。私と相合傘してくれる人は未だに現れず……。こんにちは、ドテコです。
今までたくさん「男の本音」を調査してきて、出会いは意外と近くにあると学んだけれど、男性にどう振る舞えばいいのかはまだわからない私。男性の目には一体どんな女性が好意的に映っているの?

「わからないことは聞いてしまえ!」と、いうことで、今回は雨降る渋谷駅で道行く男性に「女性のときめく仕草」を聞いてみました! ついでに意中の女性にどんなアプローチをするのかも調査したので必見ですよ♪

■30代前半・営業職のイケメンさんの場合

びしっとキマったスーツがカッコいいお兄さん。女性のキュンとくる仕草は「なにより笑顔でいてくれることが一番」だとか。そんな彼のアプローチ方法とは……。

「好きになったらデートに誘いますね。僕は基本、聞き役に徹します。相手のお話を聞いて、自分との共通点を探し、そこから仲良くなります」

積極的ですね! 逆に、アプローチしてくる女の子ってどうですか?

「とても素敵だと思いますよ。好きになったなら伝わらないと意味がないと思うので。積極的なアプローチもご縁を与えてくださっているのだなと感じますね」

気付けば自分のことを色々話してしまった私。言葉通りの聞き上手さん。勉強になりました!

■30代前半・結婚式帰りのゴキゲンなお二人の場合

続いて、結婚式帰りだというAさんとBさんの二人に突撃。

「やっぱりベタだけど、ボディタッチにはやられますね。自分のこと意識してるんじゃないかって思ってしまいます」(Aさん)

「よく目が合うようになると、ドキッとするかも。意識的にやってるのか、偶然なのかわからなくても、こっちは相手のことが気になってしまいますね。あと個人的には、髪形が好みの感じだと嬉しくなりますね」(Bさん)

「そうそう、髪をかき上げたり、その瞬間に見えるうなじとか!」(Aさん)

そういうところも見られているんですか。所作ひとつも油断できない……。ちなみに、お二方は気になる女性にどのようなアプローチを?

「大抵は大勢で飲むところから始まるけれど、気になったら話しかけますね。まず話を聞いて共感できるところを探します。相手の言うことを否定はしないように意識していますね」(Bさん)

ここでも来た! 聞き上手さん! Aさんはいかが?

「僕は気になった子の周りを固めるところから始めます。情報収集をするとともに、自分がその子に気があることをほのめかして、助けてもらったり」(Aさん)

なるほど、まずは味方を作るところから! 女子でもやる子、よくいます! なかなか好対照なアプローチ方法をとっていたお二人は、次のお店へと向かっていきました。おいしいお酒、飲んでくださいね!

■30代半ば・海外出張多めのナイスガイの場合

海外からの友人と待ち合わせの合間に対応してくださった落ち着いた雰囲気のお兄さん。

「以前、海外にいた時には、ちょっと気になっている子から、手紙をもらったことがありました。ネットやメールが多い中、手書きのメッセージは心に響きますね」

素敵ですね! 聞いてるだけでキュンとします!

「気になる相手がいるときには、伝えてナンボだと思います。頑張ってもダメかもしれない。けれども、やらないと絶対後悔する」

ううう……尻込みしがちなドテコは、なかなか一歩が踏み出せないのです……。

「男性は女性の積極的なアプローチを嬉しく思っていますよ。もちろん、最低限マナーを守って、品よくさりげないアプローチをすると好印象なのでは」

なるほど! 夜中にいきなり電話するとかは!

「うーん、あまり品がないですね」

ですよねー。

■他にも男性がキュンとするポイントが!

「自分の好きなものを覚えててくれてキュンとした」(30代前半・営業職)
「飲みや遊びの誘いを断らない子は、可愛がりたくなる」(30代後半・飲食業)
「普段の所作が美しいと、それだけでもう……!」(40代前半・SE)

また、「相手のバイト終わりに迎えに行ってあげた」というアプローチをする学生さんも。初々しくて、いいですね!
今回のインタビューでわかったのは、男性は相手との共通点をすごく意識していること。さらに、女性からのアプローチに対して、とても好意的に見てくれていることでした。

思いがあっても伝わらなければ意味がない! ドテコも、好きな人ができたら積極的に相手のことを知りに行こうと思います!

(ドテコ+どてらい堂)
ドテコがALICEY世代の女性に代わって、恋愛にまつわるアレコレを突撃取材するこの企画。こちらも読んでね!

関連記事