おもてなしの心でゲストも幸せ☆ 最高の結婚式の演出って?

おもてなしの心でゲストも幸せ☆ 最高の結婚式の演出って?

みんなが幸せになるウエディングを!
社会人になると、だんだんお誘いが増えてくる友だちの結婚式。「すごく楽しくて、ステキな結婚式」と、「見たことのある演出で飽きてしまった結婚式」ってありませんか?

いつか自分が結婚式を挙げる時、せっかく大切な人たちに集まってもらうのだから、最後まで楽しめる結婚式にしたいと思いますよね!

そこで、工夫を凝らした結婚式の演出例をご紹介します。

■2人のオリジナリティが見える

たとえば千葉県松戸市で結婚式を挙げたカップルは、このような工夫をしています。

松戸産の食材を中心に松戸出身のフードデザイナーに料理してもらい、地元の劇団の座長が司会のマイクを握り、地元のアーティストやおじさまフォークバンドが演奏を担当。さらに新婦自らが手作りした会場装飾など、地元の人も、松戸に集う人々の多彩さを再確認し、「このまちの資源を使えばこんなに幸せな結婚式を自給できるんだ!」と驚いたそう。

「以前に出席した結婚式と、演出がほとんど同じだった」と言われないためには、共通の趣味や特技、職業にちなんだ、2人にしかできない演出を考えるのもいいですね。

さらに、結婚式中にサプライズを仕込んだこんな演出も。

■「アタリ」が出たら、幸せのおすそわけ

事前に式場に相談して、お皿に可愛いシールを貼ったくじを作ってはいかが? 各テーブル一人は当たるように仕掛けて、アタリが出た女性ゲストにはミニブーケなどを、男性ゲストにはピンバッチなどを新郎新婦から直接贈って幸せのおすそ分けをしましょう。

■BGMをゲストに決めてもらう

あらかじめ招待状の返事などでBGMを募集します。そして当日、「〇〇さんからのリクエストです」とその中からBGMをかけるというシンプルな演出ですが、ゲストは自分の曲がいつかかるかとワクワクすること間違いなしです。

などなど、ところどころにちょっとしたプレゼントや楽しいサプライズが入っているとすごくうれしいですよね♪ 主役は新郎新婦ですが、ゲストへの感謝や気遣いが十分だと「良い結婚式だったね」と全員が幸せな気持ちになれますよ。

また、結婚式の最後には……。

■ムービー演出のエンドロールにゲストへのメッセージを

エンディングムービーなどのエンドロールにゲスト全員の名前を入れるという演出も増えていますが、ここに一言ずつ、ゲストへの感謝のメッセージも添えてみてはどうでしょう。大画面で自分だけに言葉が贈られる楽しさを味わってもらえます。

私も親友の結婚式でこの演出をされました。ひとりひとりメッセージが違うことに、相手のことを考えて作ったんだなというのが伝わってきて、すごくあたたかい気持ちになりましたよ。

今まさに結婚式を考えている方も、いずれ結婚式をしたいと考えている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね☆

(青山かもめ+ノオト)

関連記事