【第4のチョコ】「ブロンドチョコ」をおうちで作ってみよう!

【第4のチョコ】「ブロンドチョコ」をおうちで作ってみよう!

香ばしさとほんのり塩味が特徴の「ブロンドチョコ」。聞いたことありますか? ブラック、ミルク、ホワイトに続く第4のチョコとも呼ばれ、昨年日本にも上陸し、スイーツ好きの間で話題を集めました。この新しいチョコ、実は自宅でも作れるんですよ! 絶対失敗しない作り方を教えちゃいます!

 

ブロンドチョコってなに?

「ブラック」、「ミルク」、「ホワイト」に続く“第4のチョコ”として話題の「ブロンドチョコ」をご存知でしょうか? ホワイトチョコを作っている最中にオーブンに入れたままにしてしまったところ、焦げてブロンド色になったことがヒントとなり生まれたチョコなんです。

食べてみると、香ばしく濃厚でちょっと塩味のある味わい。今までにないチョコの風味が注目され、“第4のチョコ”として昨年あたりから日本でも話題を集めています。

そんなブロンドチョコを食べてみたい! そこで家庭で簡単に作れるブロンドチョコレシピをご紹介します。おうちで第4のチョコに出会ってみましょう。

 

ブロンドチョコを作ってみよう

【材料(40gの板チョコ2枚分)】

ホワイトチョコレート 80g
バター 40g
ラム酒 小さじ1/2
〈トッピング〉
アーモンド(無塩) 適宜
チョコクランチ 適宜
ラスク 適宜

【作り方】

1.ホワイトチョコレートを割り、耐熱ボウルに入れ600Wのレンジで30秒~40秒ほど加熱します。ホワイトチョコが溶け始めるくらいでOK。その間に、小鍋にバターを入れ、カラメル色になるまで加熱します(焦げやすいので注意)。

熱し始めるとぶくぶく泡がでてきます。

少しするとたくさんの大きな泡がでてきます。ここからカラメル色になるまで早いので焦げないように気を付けて!

あっという間にこのようなカラメル色になります。

2.カラメル色になったら、1のホワイトチョコレートに加え、よく混ぜ合わせ、チョコをしっかり溶かします。もし、チョコが溶け切らない場合は600Wの電子レンジで10秒ずつ加熱し、ゆっくり溶かしていきます。

3.粗熱が取れたら、ラム酒を混ぜ入れ、お好みの型に流し、アーモンドやチョコクランチをトッピングしたり、ラスクにつけます。

香ばしい素材のトッピングと相性がいいですよ。

4.冷蔵庫で固まるまで冷やします。

くわしいレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/34997/recipe/146101

 

失敗しないポイントは?

 

バターが焦げすぎないよう慎重に

バターは加熱し始めるとあっという間にカラメル化するので、かき混ぜながら目を離さないようにしましょう。カラメル加減はお好みで。色が変わってすぐだとほのかなブロンド色に。しっかり加熱すれば、より香ばしく濃いブロンド色のチョコに仕上がりますよ。

 

チョコの溶かし方も成功のカギ

チョコを溶かすときには温度に注意。加熱しすぎると分離して固まらなくなってしまうので、溶け切らないぐらいの加熱でOK。余熱でゆっくり溶かしていくようにしましょう。

板チョコと焦がしバターでとっても簡単におうちでできるブロンドチョコいかがでしたか? 材料も身近なものばかりなのでいつでもできちゃいますね。チョコ好きの方、ぜひ一度お試しください!

こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
フライパンで作る!失敗知らずのお手軽チョコスイーツまとめ
【SNSで話題!】可愛すぎる「水玉オムライス」の作り方が知りたい!
材料4つでできる!瞬溶け「生スフレチーズケーキ」の作り方

 

この記事のライター

フードコーディネーター・栄養士・ジュニア野菜ソムリエ 石倉かおり
https://oceans-nadia.com/user/34997

関連記事