基本からアレンジまで!絶対失敗しないハンバーグレシピ

基本からアレンジまで!絶対失敗しないハンバーグレシピ

だれもが大好き「ハンバーグ」!ちょっとしたコツをマスターして、肉汁がジュワーっと溢れ出す美味しいハンバーグをおうちで焼いてみませんか!?スタンダードなハンバーグから、成型簡単アレンジハンバーグやヘルシーハンバーグまで、絶対失敗しないレシピを紹介します。

 

子どもからお年寄りまで、みんなが大好き!な「ハンバーグ」

煮込みハンバーグ、チーズインハンバーグ、和風ハンバーグなどたくさんのアレンジができるハンバーグですが、まずはみんなが大好きなスタンダードなハンバーグレシピを紹介します。

基本通りに作れば肉汁がジュワーっと溢れ出すハンバーグも簡単に作れますよ!

 

肉汁あふれ出す基本のハンバーグを美味しく作るポイントは?

 

1.おすすめは合い挽き肉!

ハンバーグのメインの材料、挽き肉。関西では牛肉100%がメジャーという話を聞いたことがありますが、私のおすすめは牛と豚を混ぜ合わせた「合い挽き肉」。

ですが、「合挽き肉」といっても牛と豚の割合はさまざま。スーパーで売られているものは7:3か6:4が一般的です。

どの割合のものを使うのか、正解があるわけではないので好みで作るのが良いと思います。個人的には家庭で作る場合は牛100%より豚肉を入れた方が美味しいと思いますので、牛肉をしっかり感じたい方は牛を9割など多めに、豚の肉汁をたっぷり感じたい人は豚肉を4割などがオススメです。

 

2.タネを混ぜるときはとにかく冷やす!

タネを混ぜるときに温度が少しでも高くなると肉の脂が染み出してしまいます。なので、できる限り全てのものを冷やすのが重要です。

挽き肉、卵、炒め玉ねぎなど、混ぜる材料は直前まで冷蔵庫に入れておき、できれば手を氷水などで冷やしながら混ぜるのがベストです。

 

3.タネはまず肉と塩で粘りが出るまでしっかり練り混ぜる。

塩は肉のたんぱく質を分解し、粘りを生み出します。その粘りによって肉全体がまとまり、肉汁が出づらくなるのです。他の材料を一緒に入れてしまうと、その効果が発揮されづらくなってしまいますので、まず塩でしっかり粘りをだしてから、他の材料を入れて混ぜるのです。

 

4.成形時は空気を抜いて、表面をなめらかにしておく。

タネに空気が入っていると加熱したときにひび割れの原因になります。また、タネの表面にひびが入っていたり、デコボコしていると、焼いたときに割れてしまい肉汁がでてしまうことがあります。

丁寧に空気抜きをして、表面をなめらかにしておくことで、肉汁をしっかり閉じ込めることができます。

 

5.焼くときは最初に中火、あとから弱火。

タネを焼くとき、最初は中火で表面に焼き色をつけます。そのあと弱火にし、蓋をしめて中までじっくりと火を通し、ふっくら仕上げます。

 

基本のハンバーグ

【材料(2人分)】

合挽き肉…300g
塩…小さじ1/3
玉ねぎ…1/4個
A溶き卵…1個分
Aパン粉…1/2カップ
A牛乳…大さじ3
Aナツメグ…少々
Aこしょう…少々
サラダ油…適量

赤ワイン…大さじ1
トマトケチャップ…大さじ2
ウスターソース…大さじ2

【作り方】

ステップ1
玉ねぎをみじん切りにする。フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎ、塩少々(分量外)を加えて炒める。
玉ねぎがしんなりしたら、バットに出して粗熱を取る。(時間があれば冷蔵庫で冷やすとなおよい)

ステップ2
パン粉を牛乳に浸しておく。
ボールに合挽き肉、塩を入れ、粘りが出るまでよく練り混ぜる。

ステップ3
ステップ2にA、玉ねぎを加えてさらによく練り混ぜる。

ステップ4
ステップ3のタネを2等分にし、サラダ油少々をつけた手で持ち、両手で投げ合うようにして10回ほど繰り返して空気を抜く。形をととのえて、表面をなめらかにし、真ん中を指で押さえてくぼませる。

ステップ5
フライパンにサラダ油を熱し、ハンバーグを中火で3分ほど焼き色がつくまで焼く。裏返して、裏側も焼き色がつくまで2分ほど焼く。

ステップ6
蓋をして弱火にして、6分ほど蒸し焼きにする。竹串をさしてみて透明な肉汁が出れば焼き上がり。

ステップ7
ハンバーグを器に盛り、同じフライパンに赤ワインを入れて火にかけ、アルコールが飛んだらトマトケチャップ、ウスターソースを加えてソースにする。
ハンバーグにソースをかければできあがり。肉汁ジュワ―なハンバーグの完成です!

 

忙しい人や健康を気にする人にぴったりのハンバーグレシピ

基本のハンバーグもいいけれど、ちょっと違ったハンバーグレシピも紹介!

「手作りする余裕がないよー!」という方には、成形不要のお手軽ハンバーグがぴったり。覚えておくと、忙しいときでもパッと作れて便利です。

カロリーが気になるという方には、鶏ひき肉を使った和風ハンバーグを。ヘルシーなのに食べ応えはちゃんとあり、満足できる一品です!

 

レタスカップで成形なしの簡単ハンバーグ

一見ハンバーグに見えないですが、食べてみると味はちゃんとハンバーグ! 成型いらずなので、手も汚れないし洗い物も少なくて済む時短メニューです。

器に使うレタスは、葉は大きくちぎるのがポイント。初めに芯をくり抜くと、型崩れせずに葉が取れますよ。

くわしいレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/34575/recipe/158338

 

温玉のせ!ふわふわお豆腐のヘルシーハンバーグ

ハンバーグに使うお肉を鶏挽き肉に替え、豆腐を使ってボリュームアップ!食べごたえがあるのにとってもヘルシーなハンバーグです。

大好きなハンバーグを食べたい!でも脂っこいものはちょっと控えたい……そんな健康志向な方にはぜひおすすめ。小さな子どもでもたべやすいので、家族で楽しめるレシピです。お豆腐は事前にしっかり水切りをしておくのがおいしく仕上げるコツですよ!

くわしいレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/34575/recipe/158344

肉汁がジュワーっとあふれ出すハンバーグのポイントと、それを踏まえた基本のハンバーグの作り方、そしてアレンジハンバーグのご紹介はいかがでしたでしょうか?

ハンバーグは冷凍保存もできるので小さく作ってお弁当に入れるのもおすすめです! おなじみの料理ながら奥深いハンバーグ、明日はいろいろなハンバーグにチャレンジしてみては!

関連記事
・「外はカリッ!中はふんわり」基本のハンバーグ作りのコツ3つ
・【肉汁じゅわ~!】パーティにぴったり!ごちそうハンバーグまとめ
・お買い得肉が極上メニューに変身!「お肉柔らか」調理法

 

この記事のライター



料理家・ふたりごはん研究家 榎本美沙
https://oceans-nadia.com/user/34575

関連記事