出費の多い季節は「貧乏人のパスタ」で乗り切ろう!

出費の多い季節は「貧乏人のパスタ」で乗り切ろう!

キッチンにあるもので◎
何かと物入りな季節。お腹が減ったけれど、冷蔵庫には大した食材がない……。でも、今後の出費の予定を考えると、買い物したくない! なんていう時にオススメのパスタを発見しました。

イタリアの節約料理で、その名も「貧乏人のパスタ」。あまりにケチケチな家庭料理なので、お店ではメニューに載っていなくて食べることができないんだとか。簡単だけどおいしいということで、さっそく作ってみましたよ。
材料はパスタ(どんな種類でも可)80g、卵2個、オリーブオイル大さじ2、粉チーズ大さじ2、塩大さじ1、コショウ適量です。粉チーズがなければ、溶けるチーズでも大丈夫でしたよ。
鍋に1ℓのお湯を沸かして、塩大さじ1を溶かし、パスタを茹で始めます。その間に目玉焼きを2つ作ります。大さじ1のオリーブオイルをフライパンに入れ、卵も入れ目玉焼きにします。蓋をして蒸し焼きにして半熟になったら、1つは皿に取り出しておきます。油多めで揚げ焼き風にすることで、縁がカリカリになるのがおいしさのポイント♪
フライパンに残っている目玉焼きをヘラでバラバラにしておきます。表示時間の1分前にパスタを取り出し、フライパンに入れます。オリーブオイル大さじ1とパスタの茹で汁も50ccほど入れ、中火でフライパンを揺するように混ぜていきます。パサつくようだったら、茹で汁を大さじ2くらいずつ追加してみてくださいね。全体が混ざったら粉チーズ、コショウをかけて完成です。
皿に盛り付け、別にしていた半熟目玉焼きをトッピング。塩加減が足りなければチーズを追加してくださいね。

本当に簡単に完成してびっくり! 半熟卵を絡めながらいただくと……軽めのカルボナーラみたい! 卵とチーズで充分おいしいパスタになっています。こんな簡単でおいしいものを知らなかったなんて、ちょっとショックかも。本気の節約モードの時は、卵1つでも大丈夫そうです♪

財布に優しく簡単な「貧乏人のパスタ」。給料日前の定番料理にいかがでしょうか?


(田中いつき+ノオト)

関連記事