ピクニックにも! パッと華やか「変わり種おにぎり」カタログ

ピクニックにも! パッと華やか「変わり種おにぎり」カタログ

ぽかぽか陽気の心地良い、春の行楽シーズンがやってきました。今回はピクニックにもぴったりな、ちょっと変わったおにぎりをご紹介。お弁当箱を開いた瞬間、みんなが喜ぶこと間違いなし! 見た目も華やかなおにぎりで、春のお出かけを楽しんじゃいましょう♪

 

簡単なのに彩りバツグン!「パッカンおにぎり」

おにぎりに切れ込みを入れ、具材を挟めば完成の「パッカンおにぎり」。簡単に作れて見た目も鮮やかな、いま話題のおにぎりです。今回のおすすめ具材は、卵焼き、明太子、から揚げなど、色とりどりの9種類。この他にもお好みの具材を挟めば、楽しみ方は無限大! ポイントは、お米を炊くときに白だしを加えること。だしのほのかな風味で、一歩差がつくおにぎりになりますよ。

材料3人分(9個分)
米 2合
白だし 小さじ1
海苔 9枚
卵焼き 3切れ
輪切りのオクラ 3切れ
明太子 10g
オクラ 1/2
から揚げ 1個
ケチャップ 少々
ツナマヨ 10g
輪切りのきゅうり 2切れ
焼き鮭 15g
いくら 小さじ2
昆布の佃煮 15g
レンコン 2切れ
クリームチーズ 10g
しば漬け 15g
肉味噌ナス 20g
たくあん 3切れ
シソ 1枚
木の芽 1枚

●『パッカンおにぎりで行楽弁当』
このレシピをお気に入り保存する

 

春らしさ満点♡ 三色団子風オイルおにぎり

お花見のお弁当にもぴったりな、三色団子風の可愛いおにぎりです。ほうれん草の緑、チーズの白、鮭のピンクが春らしい彩り! オイルを加えることでモチモチ感が増し、健康効果も期待できると話題のオイルおにぎりです。ごま油、オリーブオイル、アマニ油の3種のオイルを使い、飽きずに楽しめます。串に刺す際におにぎりが崩れないよう、ごはんをしっかり丸めるのがポイント。

材料(2人分)
温かいごはん 1/2合分
【緑色のオイルおにぎり】
ほうれん草 1株
シラス(釜揚げ) 20g
にんにく 1/4片
白炒りごま 小さじ1
しょうゆ 少々
ごま油 小さじ2
【白色のオイルおにぎり】
プロセスチーズ 適量
オリーブオイル 小さじ1
【ピンク色のオイルおにぎり】
甘塩鮭 1切れ
白炒りごま 小さじ1/2
アマニ油 小さじ1

●『三色団子風オイルおにぎり』
このレシピをお気に入り保存する

 

食欲そそる! 焼きエリンギとベーコンのおにぎり

コリコリしたエリンギの食感と、ベーコンのジューシーな旨みが相性バツグン! ごはんに混ぜ込んだ粒マスタードの風味が、絶妙なアクセントになり食欲をそそります。ベーコンを炒めたあとは脂を一度切っておくと、仕上がりが脂っぽくなりません。マスタードはオリーブオイルに混ぜてから加えることで、ごはんと混ざりやすくなりますよ♪

材料1人分(小さめの俵型おにぎり3個分)
ごはん 200g
エリンギ 小さめ1本(約40g)
ブロックベーコン 40g
ブラックペッパー 少々
塩 適宜
パセリ 小さじ1(みじん切り)
A  EXVオリーブオイル 小さじ1
A  粒マスタード 小さじ1/2~1

●『焼きエリンギとベーコンのオイルおにぎり』
このレシピをお気に入り保存する

 

おしゃれなスティック型♪ 塩サバとゆかりのオイルおにぎり

お出かけ先でも手軽に食べられる、おしゃれなスティック型のデリ風おにぎりです。作り方も簡単。焼いてほぐした塩サバと、ゆかりやねぎ、ごま油をごはんに混ぜ、ラップで形を整えるだけ! サバは骨をしっかり外して身をほぐしましょう。ごま油を加えているので、冷めてもモッチリとした食感。塩サバの旨みとゆかりの香り、ねぎとごま油の風味がたまらない絶品おにぎりです♡

材料(4人分)
塩サバ 半身1枚
ごはん 2合
ゆかり 大さじ1
ごま油 大さじ1
きざみねぎ 適量

●『お洒落なランチに! 塩鯖とゆかりのスティックオイルオニギリ』
このレシピをお気に入り保存する

 

子供も喜ぶ! びっくり「おにぎりドーナツ」

ドーナツみたい! と思わず驚く、遊び心いっぱいのおにぎり。シリコンのドーナツ型を使って作ります。チョコファッション風おにぎりの正体は、しょうゆごはん&岩のり。鮭のふりかけとごはんを組み合わせれば、いちごクランチ風に。お子様ともワイワイ楽しみながらどうぞ♪ 崩れを防ぐため、ごはんや具材は型から少しはみ出るくらい入れて、ギュッとおさえるように作りましょう。

材料(2人分)
ごはん 2膳
おぼろ昆布
すりごま
スライスチーズ
ふりかけ
桜でんぶ
岩のり

しょうゆ
マヨネーズ
ケチャップ

●『おにぎりドーナツ』
このレシピをお気に入り保存する

 

お弁当にするとき、気をつけたいポイントは?

おにぎりをお弁当用に作るときは、衛生面も重要ポイント。おにぎりを握る際は、手を洗ったあとラップを使って握りましょう。また、雑菌の繁殖を防ぐため、ごはんや具材はしっかり冷ましてからお弁当箱に詰めてください。ショウガやシソなど、殺菌作用のある食材を入れておくのもおすすめです。おいしいおにぎりと一緒に、春を楽しんでくださいね!



こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
中まで味が染みている!理想の焼きおにぎりの作り方
おにぎらずの次はこれ!!子どもも食べやすいスティックおにぎり、もう試しましたか?

関連記事