油いらずでヘルシー! レンジで作る簡単ベジタブルチップス

油いらずでヘルシー! レンジで作る簡単ベジタブルチップス

余った野菜も活用できる!
そのおいしさから、一枚食べると止められなくなる「ポテトチップス」。「太っちゃうかなぁ……」と思いながら、ついつい手を伸ばしてしまい、気づいたら袋が空になっているなんてことも。どうしても「カロリー」が気になっちゃいますよね。

そんな人にオススメしたいのが、「油で揚げない自家製ベジタブルチップス」。今回は、基本のジャガイモに加え、サツマイモとカボチャを使ったベジタブルチップスの作り方をご紹介します!

■カリッとした食感がクセになる! 自家製ポテトチップス

1 )用意するのはジャガイモ(ここでは男爵いもを使用)1個とスライサー。ジャガイモを水で良く洗い、スライサーで1mmから2mm程度にスライスしましょう。切ったジャガイモを少しだけ水にさらし、キッチンペーパーで水気を切っておきます。
2 )大きめのお皿にジャガイモが重ならないよう並べましょう。その後、500Wの電子レンジで3分加熱。塩味を付けたい場合は、このタイミングで塩を振っておきます。
3 )やけどに気をつけながら1枚ずつ裏返し、再び3分加熱。焦げ付かないよう、様子をみながら加熱時間を調整してください。
4 )完成です!
水分がしっかり飛び、市販されているポテトチップスのような仕上がりとなりました。揚げていないので、パリッというよりも、カリッという食感が特徴。今回は少し厚めにカットしているので、しっかりとしたジャガイモの味があってとてもおいしいです!

■ダイエットにオススメ! 自家製サツマイモチップス

ジャガイモと全く同じ手順で、サツマイモのチップスも作ってみました。実際に食べてみたところ、サツマイモ本来の甘みを感じることができ、歯ごたえもあるので、少量で満腹感を得ることができます。ダイエットにピッタリのおやつですね!

■サクサク食感が魅力! 自家製カボチャチップス

こちらもジャガイモと同じ手順で作ることができました。レンジから取り出した瞬間から、お部屋にフワッとした甘い香りが広がります。食感はとてもサクサクしており、カボチャの自然な甘味がクセになります! 少しでも焦げ付くと苦みを感じやすいので、慎重に加熱することをオススメします。
レンジで加熱するだけの簡単ベジタブルチップス。油を使わないヘルシーなチップスなら、カロリーを気にせずパクパク食べられます。 冷蔵庫にあまっている野菜をチンして、みなさんもベジタブルチップスを作ってみませんか? 

(吉田リオカ+ヒャクマンボルト)

関連記事