やみつきになる組み合わせ! 「ココアクッキーのベーコン巻き」をお試し

やみつきになる組み合わせ! 「ココアクッキーのベーコン巻き」をお試し

お酒のおつまみにも! 
既存の料理に一手間加え、もっとおいしく食べることができる「ちょい足しアレンジ」。さまざまなアレンジレシピがネット上に公開されている中、異色の組み合わせとして話題となっているのが「ココアクッキーのベーコン巻き」です。

今回は、ココアクッキーをはじめ、さまざまなお菓子を使ってベーコン巻きを作り、どのような味わいになるのか検証していきます!

■ワインが欲しくなる! ココアクッキーのベーコン巻き

まずはココアクッキーのベーコン巻きを作っていきましょう。今回はナビスコの定番ココアクッキー、「オレオ」を使います。ベーコンを巻くとはいえ、加熱したクッキーにどのような変化が出るのか気になるところです。
1 )まな板の上にベーコンを敷き、その上にクッキーを乗せて閉じます。
2 )ベーコンの両面に焦げ目が付くまで焼きます。1ベーコンから出る油で焼いていきますが、フライパンにくっつくのが心配という人は、小さじ1程のサラダ油をひくようにしましょう。
3 )完成です!
実際に食べてみたところ、ベーコンの絶妙な塩加減とバニラクリームの味わいがマッチし、とてもおいしいです! 「オレオ」といえばカリッとした固めの食感が特徴ですが、加熱したこともあり、ホロッと口の中で解けます。かすかにほろ苦さも感じるので、ワインなど、お酒のおつまみにするのも良さそう。

■サクサクのディッシュみたい! 「ホームパイ」のベーコン巻き

続いては、不二家の「ホームパイ」を使ったベーコン巻きをお試し。バター風味でサクサクした食感の「ホームパイ」とベーコンが、どのような化学反応を起こすのか期待しましょう!  
1 )まな板に敷いたベーコンに「ホームパイ」を2枚重ね、フライパンで両面を焼いていきます。中のパイが動かないよう、ベーコンを少しだけ強めに巻きましょう!
2 )できました!
気になる味ですが、「ホームパイ」のバター風味がベーコンの旨味とマッチしてすごくおいしいです! 「ベーコンデニッシュ」のような味わいとも言えるでしょうか。加熱したことで、パイのサクサクとした食感が強調されているのもポイント。個人的にオススメしたい一品です!

■未知への挑戦! 「チョコパイ」のベーコン巻き

最後に試すのはロッテの「チョコパイ」を使ったベーコン巻きです。元々柔らかいお菓子なので、加熱すると溶けてしまうかもしれませんが、思い切って挑戦してみることに。今回は一回り小さい「プチチョコパイ」を使っています。
1 )まな板に2枚のベーコンを重ねて敷き、中央にパイを置きます。
2 )両端からパイを包み込みます。
3 )焦げ目が付くまでベーコンを焼きます。ここで火を通しすぎるとパイが溶けきってしまうので注意! うっすらと焦げ目が付いたら取り出してしまいましょう。
4 )完成です! 
チョコにベーコンの塩気が混ざり、塩チョコレートのような味わいに。一方で、パイの食感は殆ど感じられないため、今回作った中では人を選ぶ組み合わせかもしれません……味は決して悪くないので、塩チョコレート好きは試してみてください!
いかがだったでしょうか? 甘いお菓子とベーコンの組み合わせは、三時のおやつというよりも、お酒のお供に最適! 少し勇気がいるかもしれませんが、みなさんもさまざまなお菓子を使って、変わり種ベーコン巻きを作ってみませんか? 

(吉田リオカ+ヒャクマンボルト)

関連記事