店によってこんなに違う! 100均キッチングッズを比較

店によってこんなに違う! 100均キッチングッズを比較

忙しい朝にうれしい時短グッズも
100円ショップの3大大手といえば、キャンドゥ・セリア・ダイソー。でも、各ショップの商品の傾向や特徴って、意外とわからないものですよね。

そこで今回は、3店舗が独自に扱う「キッチングッズ」を比較し、ショップごとの特徴を調査してみました! 

■計量スプーンが不要なものも! 調味料入れ編

まずは調味料入れから見ていきましょう!
キャンドゥの「スパイスシェーカー」は、アルミの振り口がキラリと光るスタイリッシュなデザインが特徴。大小2種類の穴があり、さまざまなシーンで使い分けることができます。塩・胡椒だけではなく、ふりかけや片栗粉などを入れても良さそうです。
セリアの調味料入れは、家をモチーフにしたかわいいデザインが人気。ドアや窓など、細部までデザインされているところにこだわりが感じられます。キッチンや食卓をちょっとポップにしてくれそうですね!
ダイソーの「小さじ1/2が量れる調味料容器」は、一度に好きな量だけ振り出せる口、少量ずつ振り出せる口、小さじ1/2分振り出せる口と、3タイプの振り口を備えた便利グッズ。計量スプーンを使う手間が省けるので時短にもなり、洗い物が増えないのもうれしいところです。

■かわいいだけでなく時短にも!? デコ調理グッズ編

続いて、いつもの料理をかわいくデコレーションしてくれるデコ調理グッズを見ていきましょう!
キャンドゥの卵用電子レンジ調理器は、オムレツと卵焼きが同時に作れちゃう時短グッズ。生卵を型に入れてレンジで加熱するだけで、ハート型や丸型のかわいい卵料理を作ることができます。
セリアの「立体ごはん型」は、型に詰めて外すだけでご飯がクマや星形に変身するデコ調理グッズ。友だちが遊びに来た時も、「立体ごはん型」を使っておもてなしをすれば喜ばれそう。
こちらはダイソーの「トーストデコスタンプ」。使い方は簡単で、デコスタンプを食パンに強く押し当ててから焼くだけ。押し付けた部分には焦げ目が付かないのでスタンプの絵が浮かび上がる、というアイデアグッズです。ちょっとしたひと手間で、食卓に楽しさをプラスできますよ!

■捨てるのがもったいない! オシャレペーパーグッズ編

キャンドゥのペーパーカップはオシャレなだけでなく、厚みのある紙素材を使っているため、温かい飲み物を注いでも持ちやすいのが特徴。1セット10個入りなので、ピクニックやお花見といった、大人数の場面でも活躍します! 
セリアのペーパーカップは、クラシックなアメリカンテイストのデザインが目を引きます! 350mlと大容量なので、ホップコーンやお菓子を入れるのにも使えそうです。
ダイソーの「ペーパーランチボックス」は、シンプルなテキストのみでデザインされた使い捨てランチボックス。お弁当に入りきらないサラダなどを入れて持ち歩くのが良いでしょう。
このように同じキッチングッズでも、キャンドゥは多種多様なデザイン、セリアはポップでキュート、ダイソーは斬新なアイデアを取り入れたグッズが多いことがわかります。みなさんも自分の好みに合わせ、お店選びからキッチングッズ探しを始めてみては? 

(インディ+ヒャクマンボルト)

関連記事