コスパ最高! ヘルシー常備菜「塩きのこ」を作ってみた

コスパ最高! ヘルシー常備菜「塩きのこ」を作ってみた

塩で旨味凝縮!
今話題の常備菜「塩きのこ」。その名の通り、必要な材料はきのこの塩だけといたってシンプルですが、塩漬けすることできのこの余分な水分が出て、旨味が凝縮されるとか。簡単にできるみたいなので、筆者も作ってみました!

■塩きのこを作ってみた

材料は、お好みのきのこと塩のみ。きのこは1種類でもOKですが、数種類で作った方がおいしさも食感もより楽しめますよ。塩は、きのこの総量に対して3% (きのこ500gだとしたら、塩15g)です。こちらは塩気がしっかり感じられる比率なので、薄味がお好みの人は塩の量を調整してみてくださいね。
きのこを食べやすい大きさにカットします。
たっぷりのお湯できのこをさっと茹でて、よく水切りします。
煮沸した清潔な瓶にきのこを入れ、塩を加え、まんべんなく全体に行きわたるように混ぜ合わせます。粗熱が取れてから 蓋をして半日ほどなじませたら、塩きのこの完成です! 冷蔵庫で4、5日程度保存できます。

もちろん、このままごはんのお供として食べてもおいしいですが、アレンジも自由自在です。

■塩きのこの炊き込みご飯を作ってみた

お米を炊飯器にセットし、水を分量まで入れ、塩きのこをお好みの量入れたら、炊飯スイッチを押すだけ!
いつもの工程に塩きのこを入れるだけで、立派な炊き込みご飯になりました! 程良い塩味にぷりぷりきのこがおいしい~♪ 今回は、炊き込みご飯を紹介しましたが、炊きたてのご飯に塩きのこを混ぜる、混ぜ込みご飯もおいしいとか。あなたは、炊き込む? それとも混ぜ込む?

■塩きのこパスタを作ってみた

茹で上げパスタにバターを絡め、塩きのこを乗せただけですが……立派な塩きのこパスタになりました! パスタと塩きのこを絡めて召し上がれ~。こちらも、塩きのことパスタの相性抜群。バターのコクとまろやかさも加わり、一段とおいしく感じました。

パスタやご飯以外にも、汁物に入れたり卵に混ぜて焼いたりと、アレンジは自由自在です。簡単に作れて保存もでき、その上安価でヘルシー。塩きのこは、とても優秀な常備菜です。あなたもぜひ作ってみて!

(やまかわきよえ+ノオト)
関連キーワード

関連記事