イチゴやオレンジで! フルーツ香る新感覚バターの作り方

イチゴやオレンジで! フルーツ香る新感覚バターの作り方

塗るだけでトーストが華やかに!
白米と同じくらい日常的に食べるパン。でも、パンに塗るものといえばバターかジャムくらい……なんて思っていませんか? そんな人に試していただきたいのが、生のフルーツを刻んで混ぜ込む「作り置きフルーツバター」。

今回はイチゴ・キウイ・オレンジを使い、日々のパン食をもっと楽しくしてくれる、フルーツバター作りに挑戦してみました!

■甘酸っぱい香りにうっとり! イチゴバター

【基本の材料】
・無塩バター 70g
・メープルシロップ 10g
・塩 少々

さらにお好みのフルーツを用意。今回はイチゴ 10個を使います。
【作り方】
1 )イチゴを細かくカットし、マッシャーで潰します。潰しすぎると水気が多くなるので、大きめの果肉が残る程度に留めるのがポイントです。
2 )常温で置いておいた無塩バターを泡立て器でクリーム状になるまで混ぜます。この時、バターが硬い場合は、電子レンジで10秒ほど溶かしてから混ぜましょう! クリーム状になったら、メープルシロップと塩を入れ、さらに混ぜていきます。
3 )そこへ潰したいちごを加えて混ぜます。
4 )混ぜ合わせたバターを小皿に移し、冷蔵庫で冷やせば完成です!
薄いピンクで見た目もキュートなイチゴバター。甘酸っぱい香りも良く、トーストに塗るだけで、一段とオシャレな仕上がりになりますよ!

■甘めな味付けがポイント! キウイバター

【材料】
・基本の材料
・キウイ 1個
イチゴバターと同じ手順で調理します。キウイは中心部分が硬くて潰しにくいので、予め取り除いておくと良いですよ!
冷蔵庫で冷やして完成したものがこちら! 酸味が強いため、メープルシロップを多めに加えて甘い味付けに仕上げるのがポイントです!

■爽やかな香りが決め手! オレンジバター

【材料】
・基本の材料
・オレンジ 1/2個

イチゴバターと同様の手順で調理します。オレンジには白い筋があるので、気になる場合はカットする段階で取り除いておきましょう。
完成したものがこちら! もともと果肉が柔らかく、力を入れなくても潰せるので、筋さえ取っておけば一番簡単に作れるフルーツバターと言えます。オレンジの酸味とバターの芳醇な香りが絶妙にマッチする新感覚の味わいです!
完成した各バターを並べると、使ったフルーツによって色合いがハッキリと異なるので、眺めるだけでもポップで楽しい雰囲気に。彩り豊かでインスタ映えもしそう!

■クラッカーに付けて、いざ実食!

今回作ったフルーツバターにクラッカーをディップしていただきます! どのフルーツバターにも共通して言えるのは、フルーツの甘さとほのかに感じる塩気がとってもマッチしているということ。これはいろんなフルーツを使って作り置きしておきたくなります!
だんだんと暖かくなり、お出かけの機会が増えるこれからの季節。お花見やピクニックなどの外出先に自家製のフルーツバターを持って行けば、写真映えもする楽しい食事ができるはず! みなさんもぜひ一度試してみてくださいね! 

(インディ+ヒャクマンボルト)

関連記事