花粉症は治せる!? 医師が語る「舌下免疫療法」の効果

花粉症は治せる!? 医師が語る「舌下免疫療法」の効果

月2000円で春の悩みを解決!
もうじき訪れる暖かな季節の心配事といえば、やっぱり花粉症。現在日本人の3人に1人が杉花粉で発症すると言われていますが、そんな中、辛い花粉症を根本から解決できると言われているのが「舌下免疫療法」です。

今回は、2014年に保険が適応されるようになったこの注目の治療法について、「池袋大谷クリニック」の大谷義夫先生にお話を伺いました。

■「舌下免疫療法」とは?

──舌下免疫療法とはどんな治療方法なのでしょうか?

「舌下免疫療法は、身体を花粉に慣らすことで症状を和らげるものです。具体的には、花粉症の原因となる花粉のエキスを毎日少量、舌下(舌の裏側)に投与します。投与後2分経ったら飲み込むのですが、効果が最大限に発揮されるように、その後5分間はうがいや飲食を控えます。

初回はクリニックで診察した上で治療の仕方を細かく教えるので、翌日からは患者さん自身に自宅で投与していただきます。また、花粉のエキスを投与しても、くしゃみや鼻水、目のかゆみといった花粉症の症状が出るわけではないのでご安心ください」

──舌下免疫療法は他の治療法と比べて何が異なるのでしょうか?

「花粉症の治療には、抗アレルギー薬やステロイド点鼻薬などを処方するといった方法が一般的ですが、これらの治療は花粉症のアレルギー反応を『抑制』するだけで、根本的な解決には至りません。それに対して舌下免疫療法は、口の中のアレルギー細胞に直接浸透するため、効果が現れやすいと言われています」
──治療の期間や費用はどれくらいかかるのでしょうか?

「治療期間は最低2年以上続ける必要があります。また、杉花粉が飛散しているシーズンから始めると副作用としてのアレルギー症状が強くでてしまう可能性があるので、杉花粉のオフシーズンである6月〜11月の間に治療を開始する必要があります。

治療費は保険適用で薬代が月900円程、それに加えて月に一度は来院して欲しいので、診察料や調剤料などもすべて合わせると、月2000円程かかると考えておくと良いでしょう」

■受診患者のうち約80%の人に効果が!

──舌下免疫療法はどのくらい効果があるのでしょうか?

「舌下免疫療法を受けた患者さんの、約 80%の人は症状が楽になり、20~30%の人は薬が必要なくなるまでに至ったと報告されています。私のクリニックの患者さんも同様な結果です。今のところ舌下免疫療法は約60種類あるといわれる花粉症の中で、最も多くの人が悩む杉花粉の症状にのみ有効的です。症状が改善されなかった2割の中には、杉花粉ではなく別のアレルゲンが原因だったという方も多くいました。

また、副作用としては、口腔内のかゆみなどの症状や、アナフィラキシーショックの可能性も指摘されていますが、これは非常に稀なケースです」

──舌下免疫療法はどんな人にオススメでしょうか?

「以前、杉花粉の季節になると毎年喘息の発作を起こすのほど重い症状に悩まされていた20代の女性が、舌下免疫療法を始めた翌年からほとんど症状が出なくなったという事例がありました。このように、症状が重い人ほどその効果を感じやすいと思います」
自宅で簡単にできて効果も現れやすいという舌下免疫療法。最低2年間毎日続けなければいけないという点で尻込みしてしまう人もいると思いますが、毎春の憂鬱を解消できる可能性があると考えると、むしろ短く感じるかもしれません。杉花粉のオフシーズンから治療を始める必要があるので、来年春以降の花粉症決別を目指すなら、今年の6月からクリニックに相談してみましょう!

(shimo+ヒャクマンボルト)

関連記事